「海の広場」


海の広場最新の更新
2018/12/14


Since 1984   

2019-01-16  更新

 

 1998/11/22
 home page
開設
        


僕の仕事は木造ヨットの船大工です

僕の趣味はヨット乗りです

木造ヨット制作の依頼やFRPヨットの修理をしようとお考えの方・ 
ヨット乗艇技術・ヨット制作に関するご質問にもお答えしますお気軽にメール下さい

又ヨット工作技術を知ってもらうため日本で初めてのヨット工作教室を開きます

「海の広場」は僕のヨットへの思い入れの一部です

乗り手としての僕には横山晃さんが書かれた「海で生き残る条件」が ヨットの原点です


日替わり写真

2019年01月17日

橋脚にドラゴン

34°48'42.10" S
73°14'52.61" W

Valdivia Yacht Club 上流にある魚市場から川上に歩いてすぐのところに橋が架かっています
その橋の橋脚に何処かで見たことがあるドラゴンの絵がありました

メキシコで見たかエクアドルで見たかそれともネットの画像だったのか思い出せません
いずれにしても南米のインディオが昔から描いていたドラゴンの絵です

Google Earthで見ると一年ほど前には違う絵を描いてあった様です

今 魚市場は改修工事中でそれぞれの店はこの橋の方に移動して店を開いています

歩いてみましたが活気は元の通りです

いよいよ20日に長く滞在した(4ヶ月)マリーナを離れることにしました
朝の凪いでいる時間に移動して河口のどこか良い所にアンカーリングし北風が吹くのを待ち 沖出しします

外洋に出たら一気に南下してチロエ島の陸側に入ります
距離は130マイルくらいです

ProdictWind Offshoure天気予報では週明けの月曜日・火曜日がアビームから北寄りの風で穏やかな絶好の天気です


「花丸世界一周航海」

2017 2018        

こちらが→位置情報 Where's HANAMARU(クリックしてから少し遅れて表示されます)

洋上 mail on sea 連絡先メールアドレス 下記のことに注意!!
(陸上にいる時は今まで通りinfo@ikegawa-yacht.comです)

衛星電話  +881662990000(イリジュウム電話は陸上ではほとんど使っていません)

docomo携帯電話からのメールを受け取る事は出来るが、こちらが携帯にメールを送る事は出来ません

プロバイダーにより 携帯電話会社により イリジュウムメールが文字化けしたり送れなかったりします

「Googleのgmail」かホットメール を作ってそこから送って下さい
スマートフォンやアイパッドなども契約がdocomoだと繋がらないおそれがあります

写真や添付ファイルは送らないでください
返信メールを返すときは元のメールの不要な部分を削除してできるだけ短い文章にして下さい

!!以上のことにご注意ください!!

出港の時テレビ放送された動画

愛媛新聞に載った記事1 ・  2

2017/09 Tomさんが投稿した La Connerの新聞記事 1 ・  

アメリカのヨット雑誌 Latitude38 に乗った花丸の記事 1 ・ 


サポートをしてくれている長男「真澄人」君の連絡先  090-4788-1048

http://mastoriginal.com/


「花丸シェークダウン」


花丸New Zealand 航海
行きの航跡 帰りの航跡




   オーダー
萬丸新艇時の写真

松山での萬丸
詳細はお問い合わせ下さい
 

   オーダー

     オーダー

   


4.2メートル
セーリングカヌー

殆ど出来上がっています

売ります

殆ど出来上がっています 
売ります
  


全体に低粘度エポキシを塗ったセーリングカヌーを除き全てWEST工法のヨットです



〒799-2651 愛媛県松山市堀江町222-28
on the sea mail tomioikegawa@myiridium.net
in land mail info@ikegawa-yacht.com
home page http://ikegawa-yacht.com

Twitter
facebook


初めてメールを下さる方は題名の頭に「ヨット」と入れて下さい
尚 お名前 御住所 電話番号 の無いメールには返信しませんのでお忘れなく・・・

スパムメールが沢山入り開かないで捨ててしまう事があるようなのでよろしくお願いします
返事が有ればアドレスは登録されていますので次回からはそのまま受け取ることが出来ます