過去の日替わり写真

2024年06月30日

畑が緑になった

畑の緑がだんだん増え場所によっては緑一色

特にカボチャは和江さんがあちこちに植えたので葉っぱが広がっている

僕が植えたトマトは未だ伸びている最中で緑が少ない

今まで知らなかった瓜葉虫や緑色以外のカメムシ
種類の多いカミキリムシなど今年は見る目が出来て色々な虫に出くわす

チョウチョウの卵から孵化した青虫もいっぱい居て緑の葉っぱを食い荒らしている

僕は毎日枝豆に付いたカメムシ捕りとトマトの仕立てで1時間は使う

それ以降は何をして良いか知らないので
適当に和江さんがして欲しいという事をしてから帰宅する


2024年06月29日

今井さん井戸掘りに参戦

もと水道屋さんで井戸も掘ったことがある今井さん

今は僕の隣の畑で農業をしている

真澄人君の畑に井戸を掘っている話しをすると

ちょっと見に行こうと来てくれた

見に来たのが運の尽きでガチャポンポンプを昔知り合った業者に借りてきてくれたり

打ち込み井戸について全く素人の僕たちに色々教えたり

あれこれやっている内にやっとガチャポンポンプが砂混じりの水を汲み上げる

砂がバケツに3杯出たところで昼となりいったん休戦

昼は15:00から再開することになっていったん休憩


2024年06月28日

中玉トマト

とても大きくなった中玉トマト

しかも一房に沢山の実が付いた(多いところは8個)

よくこんなに細い茎でこの重さに耐えると思う

トマトの周り低いところに3段テグスを張ってカラス除けにする

テグスを張った後カラスはトマトに触らなくなった


2024年06月27日

井戸枠を抜く

エンジンポンプの水圧で穴を掘った後にVP40の塩ビ管を埋めるつもりだったが
水圧をかける50πの単管が細かい砂に絡みつかれて動かなくなる

仕方なく単管を抜いて VP50の塩ビ管をかけやで砂にたたき込む

そのVP50塩ビ管を4.7メートルたたきこんだところでVP25で水圧をかけると
黒い粘土質の層に突き当たった

それで小さい石の砂利を底に一握り落として砂やヘドロを留めておいて
水だけを吸い上げようとしたが大量の砂を吸い上げてしまった

どうしようもなくなったのでもう一度井戸枠を抜き取ることにした

抜根の時に使うセットを持ってきて5メートル埋めた井戸枠を引き抜く

木の根に比べたら打ち込んだばかりの井戸枠など簡単に抜くことが出来た

さてもう一度最初からやり直しと言うことにして

抱きスコップで穴を開けておいて そこからVP50の単管を砂に打ち込んだ

真澄人君と2人かけやを振るったので肩が痛くなり手の関節が悲鳴を上げている


2024年06月26日

今朝の採り入れ

段々畑で出来ている物を採り入れしました

人参から反時計回りに人参・ゴボウ・インゲン豆・小さくイチゴ・ささげ豆・トマト

良くできたものだと思います

2人で食べるには充分です

こんなに色々なものが出来るとは思っても居ませんでした

植えたら勝手に出来るんですね

インゲン豆は最盛期 ゴボウは一つだけ袋を開けただけだが2本採れた

トマトはカラスにやられた一番成りは逃したが2番成りは無事に穫り入れた

ささげ豆は中谷農園さんが良く作る小豆にする豆

まあまあ1年目にしては上出来でしょう


2024年06月25日

隣の井戸

隣の畑にある井戸から水をもらって真澄人君の畑に井戸掘り

エンジンポンプで新しく掘った井戸の井戸洗いをしているところです

調べてみたところ周りの畑にはみんな井戸があるのですが
井戸枠のある井戸ばかりで打ち抜き井戸は有りません

内径50ミリの塩ビパイプを打ち込んで井戸枠にしているのですが
なかなか順調には井戸水が出ません

困ったことになりました もう5日くらい奮闘しているのですが未だ水が出てきません

本当に井戸水が湧いてくるのかどうか不安になりました


2024年06月24日

真澄人の畑 井戸掘り

真澄人君の畑に井戸を掘っています

先日から頑張っているのですがなかなか仕上がりません

単管パイプにエンジンポンプで水圧をかけ土を押しのけての井戸掘り

今までの2軒は上手く行ったのですが今回は細かい砂の層で
全くパイプが砂に絡みつかれて動かなくなりました

仕方がないので50VP管という一回り大きい塩ビ管を買って来て
それを打ち込む事にしました

その穴の中を25VP管に水圧をかけて掘り進みます

昨日50のVPパイプを5メートルたたき込んだところで
先の周りに穴を開けることを忘れていることに気付き今朝になって抜根の道具で引き抜きました

難しいだろうなと考えていたのですがやってみると簡単に抜けました

再度先端から400ミリくらいの間に5ミリの穴を沢山開け直して打ち込みました

その後井戸洗いを始めたところで雨が降りお昼となって今日は中止しました


2024年06月23日

刈払い機のシャフト

3男真君にもらった刈払い機

僕が持っている4代の刈払い機中で一番大きい力持ち

ところが シャフトパイプ曲がっている

どうも車か何かで踏みつけてしまったようだ

動くのは力強く動きパワフルで草をどんどんなぎ倒す

それでもパイプの中でシャフトとパイプが擦れている様だ

出来るだけ早くパイプを交換しようと思っている

上手く行けばこの刈払い機が一番有能な機械だ


2024年06月22日

3軒目の井戸掘り

長男真澄人君の畑に井戸を掘る事になった

この土地は堀江に近いので昔は砂浜だった様だ

プールに水を溜めておいて大きいエンジンポンプで掘り始めたが
2メートルも掘らない内に単管パイプが上下できなくなった

細かい砂が絡みついて水圧をかけて開けた穴が直ぐに埋まる

これは困ったぞ 今までの2ヶ所では全く問題なく水圧で出来た穴に
吸い上げ用の井戸枠(内径40ミリの塩ビパイプ)を差し込むことが出来たのに

だからあちこちに短時間で何本も穴を空け水が出るかどうかやってみる事が出来た

真澄人君の畑はあまりにも砂が細かすぎて掘った穴が直ぐに埋まってしまい
水圧をかけた単管を引き抜くことも出来なくなる

プロの水道屋さんが本業だった隣の畑の今井さんがもう3回も見に来てくれた

そこで40ミリ内径の塩ビ管ではなく
50ミリ内径の塩ビ管をかけやで打ち込むことになった

5メートル打ち込んだが雨が降ってびしょ濡れになったばかりで
全く目処が立たなかった


2024年06月21日

小玉トマト

小玉トマトも一番なりはカラスに横取りされた

この赤い実は2番目に出来たものでやっと食べることが出来そう

中玉の2番なり赤くなったので今日穫り入れて食べてみた
市販の物よりもずっと美味しかった

良くは解らないが勝手になったトマトでも菌ちゃん畝の作物は美味しいような気がする

堆肥を大量に入れる今井さんの畑のナスも美味しい

僕たちの茄子はこはる農園で生長しているが未だ小さいままだ

先に今井さんに頂いたナスから味わう事になった

同じ接ぎ木苗を同時期に今井さんに買ってもらった物だ


2024年06月20日

中玉トマト

一番なりの中玉トマトはカラスに突かれてダメになった

小玉トマトは色付いた最初の一個丸々無くなった

慌ててカラス除けのテグスを地上20センチと30センチ2本張った

それが功を奏し今度は色付いてもやられなかった

もう少しで完熟するだろう

カラスは鳥だからいきなり獲物に襲いかかるだろうと考えるのは浅はか

一度地面に降りてヒョコヒョコ歩いて獲物を食べに来る


2024年06月19日

人参

人参が大きくなり土から出ている部分が直径45ミリくらいになった

そろそろ掘り時だと思い1本引き抜いてみた

残念なことに菌ちゃん畝に埋め込んだ丸太に当たり
首から下が全く無い人参で驚いた

もう一度菌ちゃん農法の新しい口座をYouTubeで見てみると

何のことはない作物の真下には丸太などを入れないで
両端に寄せて丸太を入れていた

最初からそうすべきだった

僕たちの作った菌ちゃん畝にはぎっしりと丸太がつまり
根菜類はダメだと思った

それはジャガイモやサツマイモを東温市の畑に植えた時に気が付いていた

畝の下に埋め込んだ丸太に当たって全くと言って良い程ダメだった

ジャガイモとサツマイモは菌ちゃん畝にしていないこはる農園でなら出来るだろう


2024年06月18日

水圧井戸掘りー3

次は3本目の井戸掘り

長男真澄人君の畑に井戸を掘る事になった

隣の畑には丸いセメント枠に人が入って掘った井戸がある

多分出るだろうがやってみないと解らない

最後に掘るつもりのこはる農園の井戸も近くに井戸があるので出る見込み

1日に何本も井戸を掘る事が出来る程簡単で楽な水圧井戸掘り

それにやっている人も見ている人も楽しい

準備は整えたがもしも井戸枠を挿して抜けなくなっては困るので2セット用意

真澄人君が用意した汲み上げようのポンプが来たら掘り始める


2024年06月17日

ラッキーエビス

世界一周から帰って3本目のラッキーエビスを見つけた

ヱビスビールの鯛は普通一匹

大黒さんが左手で押さえている方だけだ

長く飲むビールのラベルを調べているとたまに右肩にぶら下げたカゴに
鯛のシッポが出ている物がある

これをラッキーエビスと言うらしい

Yahoo!オークションなどで買って結婚披露宴で開けるという

中身は同じヱビスビールだ

ドイツのビール基準でビールと呼べるのはエビスとプレミアムモルツだけだという

通りで美味いはずだ


2024年06月16日

これ全部トマト

段々畑の上2段は全てトマトにする

いくら好きでも程があろうというものだが出来たらできたで人にあげても良い

第一作ったことがないのでYouTube先生に習い中

色んな人があれこれ言うのでどれをやって良いかよく解らない

しかし菌ちゃん畝に植えているので何とかなるだろう

最初に買った7つの苗はすでに大きくなって緑の実を付けている

後のものは買った苗の脇芽である

その内最初に出来た3つはカラスが収穫して行った

カラスがいたずらをしないようにテグスを2段に張った

次は僕達が食べる番だ


2024年06月15日

3本仕立てのイチジク

放任栽培では良いイチジクは採れないと聞き
枝を3本残して剪定

3本の枝を広げるように石とロープで引っ張る

これで2年目なので実はできたが小さい内にかき取る

3年目から本格的に実をならしても良いという

来年が楽しみだ


2024年06月14日

エンジンポンプ

写真では比較的綺麗に見えるがこれは年代物でもう製造もされていない

直ぐ近所の井関農機が作った物でエンジンはカワサキ製

オイルを替え燃料を入れさてエンジンをかけようとしてもかからない

プラグを抜いてみると綺麗だが火花が飛んでいない

さて困った

1時間程色々やってみたがお手上げ

切るスイッチがあるのでそれが入りっぱなしでランにならないのか?

それ以上のことは僕には解らない


2024年06月13日

ラパーズ

メキシコ カリフォルニア半島ラパーズでお会いした田中さん

横浜ベイサイドマリーナにご自分の船を置いていると言うことで
今年は堀江にやって来た

今の瀬戸内海は風がなのでほとんど機走だそうです

27フィートダブルエンダーのスループ


2024年06月12日

トマトが色付かない

中玉トマトの実が大きくなったのになかなか色付かない

他の木のトマトも大きいが赤くなっていない

2畝みんなトマトにしたのに次々に色付いて食べて行かないと
一気に出来たのでは困ったことになりそう

よく解らないが僕たちの畑の作物は栄養不足だと言われるので
今朝米ぬかぼかしをトマトの両端に入れておいた

ジャガイモもそろそろ採り入れ時だと掘ってみた

まあまあの大きさの赤いイモが出来ていた
何という種類のイモを植えたが忘れてしまった
やっぱり書き留めておかないといけないなと思う


2024年06月11日

瓜葉虫

瓜の葉っぱを食べ荒らす小さい黄色半透明の虫に食われたズッキーニ

古い葉っぱはまるでレースの様に穴が空いて葉緑素の部分は少しになってしまった

新しく出た中央部分の葉っぱだけ未だそんなに食われていないので緑色だ

なかなか用心深い虫で人間が近づくと隣のレモンの木に一時避難

追い払ったと安心して少し離れていると又帰って来てせっせと葉っぱを食い荒らす

農薬で殺虫すれば直ぐに退治出来るらしいが僕たちは農薬は使いたくない

未だ1本だけのズッキーニだから手で瓜葉虫を退治するのは大したことではない

大量に作っている農家は農薬も仕方がないかと思える


2024年06月10日

米ぬかぼかし肥料

米ぬかと籾殻燻炭と籾殻と水で米ぬかぼかしを作った

中谷自然農園のYouTubeを見て作り始めもう10回近く作った様に思う

中谷さんと違うところはコーランネオという発酵促進剤をちょこっと混ぜる事

これを混ぜると翌日には確実に熱が出て発酵が始まっている

毎日混ぜて熱が出なくなれば出来上がりだ

化学肥料の様にきちんと決められた量だけ決められた場所に決められた方法で
と言うようなことは無いので好きな様に畑にまいている

普通は米ぬかぼかしの被害で作物の出来が悪くなるようなことはない

それよりも草マルチとその草が段々肥料化する方が肥料としてはよいようだ

長年放置された土地の栄養分は初めて農業に取り組んだ僕たちを驚かせる程
作物がよく育つ

今度今井さんが開拓している30年放棄地もきっと初年度はそのままでも豊作になるだろう


2024年06月09日

納豆菌増殖

以前に買った熱帯魚の水温管理機とブクブクで納豆菌を増やす

水道水を汲んで一晩置きカルキを飛ばした後
納豆三種類と成分無調整の豆乳
それにキビ砂糖を入れ一晩ブクブクと酸素を入れ時々かき回す

これをタンクに入れ畑に持って行ってあらゆる物に散布しようと考えている

一晩で桶の中に入れたナイロン袋上部分にべっとりと黄色い物が引っ付いた

もう出来上がったのかな?

早速納豆を濾しながら漏斗で10リットルタンクに半分くらい入れてみた
タンクのフタは緩めて発酵を妨げないようにしている


2024年06月08日

奈央人君の即席ダンス

音楽を流すと奈央人君が踊り出した

僕も真澄人君も小さい時音楽を聴くと身体が自然に動いていた

奈央人君もその遺伝子を受け継いでいるのか自然と身体が動くようです

ちょっと恥ずかしそうにしながら踊りは止めません

踊りすぎてゼーゼー息をしながら音楽を変えよと言ってきます

こんなに楽しそうな奈央人君を見るのは久しぶりでした


2024年06月07日

30年耕作放棄地

今井さんが友達にユンボを借りてきて直ぐ下の荒れ地を整地し始めた

大きな木も生えているし笹も生えている普通の林です

彼が今まで借りていた畑の半分を返さないといけなくなった

その面積を補うために下の荒れ地を借りることにしたそうだ

彼の本業は水道屋さんと設備屋さんを兼ねた会社の社長

重機に乗るのも上手であっという間に荒れ地の木をなぎ倒してしまった

仕事を辞める10年前から家庭菜園を初め
農業機械(トラクター)や畝立て機なども買って今や完全に農家である

畑に冠水チューブを張り夏はエンジンポンプで自動で水やりをする

作物の売り先も道後の有名ホテルやレストランやスーパーなど普通の農家以上

それだけのお客に毎日のように農作物を届けるには慣行農法で
綺麗な沢山の野菜を作るしかないので農業機械も揃えている

僕たちはその反対で自分達が自然農法で出来た野菜を食べられたら良いと思っている

それ以上に緑の中で鳥の声を聞きながら気持ちよく過ごしたいと思う


2024年06月06日

トマト

7本の苗を買って来て大きくなると芽欠きをしたのを挿し木

今は23本ほどになった

売るつもりはないのでこれ以上は増やさないことにする

未だ小さいモノはあんどんを掛けて苗として売れないくらい小さい

葉がしおれていて毎朝晩水を掛けて元気になって欲しいと願う

僕はとにかくトマトが大好きなのです

目標は大崎上島のお姉さん夫婦が作る最高品質のトマト

まあビニールハウスもないし出来るとはとても思えないが
自然栽培なのと水はけが非常に良い土地なので
もしかすると良い味のトマトが出来そうな気がする


2024年06月05日

水場のドクダミ

去年風穴から持ち帰ったドクダミを植えておいたのが
生き着いて花を咲かせた

今年の風穴駐車場のドクダミは未だつぼみだったのに
少しの温度の違いで花が咲く時期もずれるみたい

ドクダミは繁殖力が旺盛な野草で
一度広がると根絶やしにするのは難しいそうだ

又の名を十薬と言い色々なことに役に立つ薬草だ

先日皿が峰の風穴から持ち帰ったドクダミをドクダミ茶にすると言うので
どんな味かどんな効き目があるのか楽しみです


2024年06月04日

畝の横からキノコ

多分毒キノコだと思うが段々畑の一番上の畝横に3本のキノコが生えた

普通の畑では糸状菌であるキノコが生えるわけはないが
僕たちの畝には丸太が埋め込んである

黒マルチを剥ぎ取って水をやったので糸状菌も大分少なくなったと思う

しかしこれほどハッキリと糸状菌のキノコが現れたのだから
畝の中にはまだまだ多くの糸状菌が有るはずだ

直接糸状菌で作物を育てることは出来ないし
農業者にとってかえって糸状菌は嫌われ者だ

それでも菌ちゃん農法という変わった農法で生計を立てている人たちも居る


2024年06月03日

トマトの芽欠き

中玉トマトとミニトマトの苗を買ってきて植え付けた

少し伸びてくると芽欠きをしないといけなくなる

放任だとむちゃくちゃ先が別れてとんでもないことになると言う

僕たちは2本仕立てというやり方にしてその他の別れた芽は摘み取る

その摘み取った芽を挿し木にして根が出るのを待って
ニンニクの畝の後に植えた

沢山植えてあんどんを掛けたので4隅を支える竹が不足
すぐにハサミを持って山に入り竹を切ってきて角に刺した

これらのトマトがみんな着けば僕の好きなトマトを
もう要らないと言うくらい思い切り食べることが出来そう

捕らぬ狸の皮算用かどうかは不明


2024年06月02日

皿が峰風穴

一昨日雨の中皿が峰の風穴という所へ行く事にした

森のトンネルを抜け風穴へ行く為の駐車場へ到着

雨が降るのでタープを開いてその下で昼食

タープの足の前側を低くして雨水が流れる様にして
タープに雨水が溜まらないようにする

雨の中駐車場から歩いて風穴へ

この凹みの石積み隙間から冬は暖かく夏は冷たい風が吹き出す

底には珍しいヒマラヤの青いケシが育っている


2024年06月01日

トマトを増殖させる

最近キエーロの状態が悪くなり生ゴミが消えなくなった

多分土を替えたら元に戻るだろうが大変な仕事だ

今はトマトの脇芽を新しくポットで育てて畑に植え付けようとしている
ポットをキエーロの箱の中に入れて水やりをしている

12本の脇芽が生長してしっかり着いたら畑のニンニクの後に植えるつもり

今現在9本のトマトが育っているがこれを増やして
上の畝二畝はトマトを育てるつもり

下の畝は何を育てればよいか考え中


 

2021/01 2022/01 2023/01 2024/01            
2021/02 2022/02 2023/02 2024/02            
2021/03 2022/03 2023/03 2024/03            
2021/04 2022/04 2023/04 2024/04            
2021/05 2022/05 2023/05 2024/05            
2021/06 2022/06 2023/06 2024/06            
2021/07 2022/07 2023/07              
2021/08 2022/08 2023/08              
2021/09 2022/09 2023/09              
2021/10 2022/10 2023/10              
2021/11 2022/11 2023/11              
2021/12 2022/12 2023/12              

 

2014/01 2015/01 2016/01 2017/01 2018/01 2019/01 2020/01
2014/02 2015/02 2016/02 2017/02 2018/02 2019/02 2020/02
2014/03 2015/03 2016/03 2017/03 2018/03 2019/03 2020/03
2014/04 2015/04 2016/04 2017/04 2018/04 2019/04 2020/04
2014/05 2015/05 2016/05 2017/05 2018/05 2019/05 2020/05
2014/06 2015/06 2016/06 2017/06 2018/06 2019/06 2020/06
2014/07 2015/07 2016/07 2017/07 2018/07 2019/07 2020/07
2014/08 2015/08 2016/08 2017/08 2018/08 2019/08 2020/08
2014/09 2015/09 2016/09 2017/09 2018/09 2019/09 2020/09
2014/10 2015/10 2016/10 2017/10 2018/10 2019/10 2020/10
2014/11 2015/11 2016/11 2017/11 2018/11 2019/11 2020/11
2013/12 2014/12 2015/12 2016/12 2017/12 2018/12 2019/12 2020/12

 

2001/01
2007/01
2008/01
2001/02
2002/02
2007/02
2008/02
2001/03
2002/03
2007/03
2008/03
2001/04
2002/04
2007/04
2008/04
2001/05
2002/05
2007/05
2008/05
2001/06
2002/06
2007/06
2001/07
2002/07
2007/09
2001/08
2002/08
2001/09
2001/10
2001/11
2007/11
2001/12
2006/12
2007/12

日替わり写真が途切れているのはパソコンが何度も壊れてしまったからです
本来なら1998年11月からの写真が残って居るはずでした

home