日替わり写真

2021年01月25日

Hout Bay 入り口に沈む漁船

携帯電話が繋がっていないので朝散歩のつもりでスーパーマーケットまで歩いて行く事にしました

和江さんは中国人と間違えられて(ニーハオ)と言われるのが嫌で胸に日本国旗をぶら下げました
僕は俺は日本人だと英語で言いますが日本を知らない人が多いようです ポカンとしています

Hout Bay ヨットクラブ入り口左側に2隻の漁船が沈んでいます
船体に緑の海草が生えているので相当長く沈んだままなのでしょう

ここは観光地のど真ん中なのにどうしてこんな物を放置したままにするのか不思議です

この桟橋の両側に漁船が隙間無く駐まっています

一番先端に端っこからヨットクラブの桟橋が始まります

ここ南アフリカではちゃんとした櫛形桟橋で船の横から乗り降りが出来ます
エクアドル以来ずっとマリーナ設置のアンカーを拾って船首か船尾着けでしたので 楽で嬉しい

スーパーマーケットらしき建物を目指して1キロくらい歩きました
この距離を帰り荷物を持って歩けと言われてももう無理です
和江さんは最初から歩けないと言っていますのでウーバーでなくても普通のタクシーを捜さないといけません

携帯電話に南アフリカのシムカードを入れウーバータクシーが呼べるようにしました

なかなか繋がらず苦労しましたが携帯のシムカードを買った店のお姉さんが大活躍してくれて
30分くらいかかってやっとウーバータクシーを呼ぶことが出来ました

https://youtu.be/zE4CMeNS30I

 

2021年01月24日

Hout Bay ヨットクラブ

朝02:00に起きてご飯を食べ03:00出港で20マイルほど離れたHout Bayマリーナへ向かいました

インナージブ一枚を上げ機走2100回転で5ノットくらいでした

プロディクトウインドで天気は調べて荒れてこないことを確認した時間です

4時間で到着07:00にはマリーナに着いていました

マリーナ事務所には誰も居らず船の整備をしていた若者が桟橋の番号を調べてくれ
おまけに入港まで手伝ってくれました

隣のバースに泊めている大きなカタマランが僕達が入るバースをまたぐ様に舫を取っていたのでいったん外しました
花丸が入ってからもう一度舫直しです

10:00を過ぎてもマリーナの人は現れません
事務所前で待ちくたびれていたら通りかかったヨットのオーナーがハーバーマスターに電話をしてくれました

まもなく現れたハーバーマスターは良く喋る楽天家で少しも悪びれた様子はありません

こちらもついつい明るくなって色んなおしゃべりについていきます

結局入港手続きは用紙を月曜日までに提出してそれで終わりだそうです

あまりに疲れたので今日はもう眠ることにします

2021年01月23日

テーブルマウンテンが滝になった

昨日夕方からとんでもない大風が吹き荒れた

マリーナのレストラン前に停泊しているヨット達はマストにかかる風圧でヒールしている

僕達はカーボベルデから56日間の航海で新鮮な野菜は元よりタマネギもジャガイモも使い果たし
タマゴも無くなり缶詰も残り少なく スーパーマーケットにも行けず仕方無くレストランで毎日夕食です

まあ美味しいから良い様なもののビールその他のアルコールは武漢ウイルスの為出してくれません

 

花丸はこの写真奥一番遠くの桟橋の端にあるので 歩いて帰るのが危険だと感じ少し船に帰るのを見合わせる

RCYCの南にそびえるテーブルマウンテンを越えて南から雲が押し寄せ
マリーナ側に滝のように降りてきた

まるで本当の水が流れる滝のようだった

 

携帯で動画を撮ったので下にアップします

https://youtu.be/SnoFD2y9grU

2021年01月22日

桟橋にオットセイ

花丸の正面反対側にある桟橋にオットセイが上がってきた

パソコンをWi−Fiに繋ぐ為にレストランの方へ行こうとしたところだった

珍客にビックリしたが周りの人は知らぬ顔で まあよくあることらしい

3メートルくらいまで近寄ったが あまり刺激しない方がよいだろうとその場を離れた

今日は朝からTo do リストの仕事をこなして疲れた

あれもこれもとやらないといけない仕事は山積みなのだが次のマリーナまでにどうしてもやっておきたい仕事だけやる

少し燃料も入れておこうと20リットル買ったら入りきらなかった
花丸の燃料タンクは40リットルなので半分以上残してケープタウンに到着したことになる

お金を使うところも無いATMも無いここに来て全くお金を見ていない
全てカード支払いです

良い様な悪いような 物価は安いと感じますがいくら払ったのか計算して使おうという気にはなれません
ああいくらだったのかと後で計算して解ります

ランドというお金らしいのですが1ランドはおよそ7円だそうです

カーボベルデ ミンデロ出航前の散歩風景

https://youtu.be/sYAxCfaWRsA

ミンデロをメインセール1ポイントリーフして出航
強風になっても安心でしたリンク

ミンデロから南アフリカまで航海中の動画を毎日のようにアップします

2021年01月21日

ロイヤルケープヨットクラブ RCYC

今日から僕が日替わり写真を直接アップします
イリジュウムGOからではないので写真が少し大きくなります

RCYCの事務所壁に船の船首に飾るフギアがあります

残念ながら 帆船に付いているおっぱい丸出しの女性ではなく男性のフギアです

その人形にマスクが着けられています
冗談のつもりでしょうがここ南アフリカでは冗談でなくみんな真剣です

マスク着用は元より夜の外出も21:00まで
レストランでもアルコールは出さない しかも夕方17:00には閉店です

全て守らないととんでもない罰金が払わされます

パトカーが見回っています

昨日は入国手続きにイミグレーションまで歩いて行きました
マリーナ事務所で近い歩いて行けると言って地図を渡されました

ところが僕達は2ヶ月近く歩いて居ません 
しかも和江さんは骨粗鬆症で背骨3箇所を圧迫骨折です

和江さんが歩いて帰れないというので事務所の人にタクシーを呼んで欲しいと言うと
シドニーという人が個人的にウーバータクシーを呼んでくれました
もちろん彼のカードから代金は引き落とされます
最初から南アフリカのお金は持っていないと言っていたのですが良いからとそのままになりました

出国の時にもう一度イミグレーションへ行くので何かお返しをしようと考えています


 

 

2021年1月20日

テーブルマウンテン

18.6度船内温度の寒い南アフリカ真夏の朝

昨日カーボベルデ時間13:15に無事ロイヤルケープタウンヨットクラブの桟橋に着けた

ロビンさんと言うカナダから来たと言う人が予約してあったA07のバースに既に停泊していて花丸のバースはB26に変わった事を事務所へ聞きに言ってくれ
変わったと言うバースを案内して停泊を手伝ってくれた

マリーナのヨットの人達もみんな当たり前の様にマスクをしていて聞けばしていないと罰金だそうです

僕達もウイルスに関係なく罰金は困るので外出する時はマスクを忘れない様にしようと思います

昨日言われた08:00に事務所へ行くと07:00だから1時間後で来てと言われた(南アフリカでは夏時間を採用しているのかもしれない)ので船に帰って洗濯とホームページの更新をする

朝からヨットの整備をしている人達が大声で何かを叫んでいる それもあちこちで 

殆ど大声を出す事はない日本人にとって気になる事だ

写真はロイヤルケープヨットクラブでテーブルマウンテンを背にした花丸です

今日は思い切りシャワーを浴びてレストランで冷えたビールを飲みWi-Fiを繋いでニュース話聞きます


2021年1月19日

夜中風力5から明け方風力4へ

20.4度        (07:00)
33.55S.       17.54E
SEの風     風力3
デイラン76マイル    トータル5486マイル
残航28マイル
スターボードタック    インナージブメインセールミズンセール
85度方向へ     2.8ノット

MMさんが知らせてくれたウインディーの天気予報とイリジュウムGO プレディクトウインドの天気予報で昨夜の強風は事前にわかっていた

吹き始める3時間くらい前に風が強まったのでジェノアジブを降ろし    2時間前にはメインセールも1ポイントリーフした

夜中に風力5まで風が吹き上がりそれも真向かいの登りで大きく横に広がって次々やってくる波を乗りきた

夜の波は夜光虫で白く光り  それが幾重にも重なり幻想的でした

その後僕がワッチオフの間に和江さんはランドフォー(長い航海の後初めて陸を見た)したそうですが
僕が起きた時はあいにく薄靄がかかり山は見えませんでした

朝記録を取る07:00には風も収まりジェノアジブを上げましたが2ノットとかしか進まないので今エンジンをかけ機帆走5ノットで走り始めた所です

写真はCape Town入り口向かって右(南側)に連なる山々です

今日中に入国手続きがスンナリ行けば良いな

シャワーとビールと買い物をしたいと思います


2021年1月18日

夜中超微風になる

26.4度        (07:00)
34.13S.         16.25E
SEの風     風力2
デイラン102マイル     トータル5390マイル
残航102マイル
スターボードタック     ジェノアジブインナージブメインセールミズンセール
67度方向へ     3.5ノット

僕がワッチオフで寝ている間に風が全く逆のSEに振れていた

進行方向も北に近くなっていたが余りに風が弱いので僕を起こしてもどうしようも無いと思いそのままにしたそうだ

起き出して直ぐに昨夕降ろしたミズンセールを上げジェノアジブも上げて超微風の真登り
最初0.5ノットくらいで走りが初めて2時間くらい後には2ノットくらいの走りになった

今から5時間後には強風域に入るのでグリニッジ11:00くらいに起きてジェノアジブをファーリングして降ろそうと考えている

こんなにもハッキリと動画で天気予報が分かり対応出来る外洋帆走時代が来るとは思っても居なかった

自船位置を電子チャートに連動させたりも出来るし
ひと昔前なら経験を積んだヨット乗りにしか分からなかった事が容易に把握できる良い時代が来たものだ


2021年1月17日

四面雨雲に取り囲まれる

22.3度        (07:00)
34.36S.          14.24E
WSWの風     風力3
デイラン121マイル       トータル5288マイル
残航203マイル
スターボードタック   インナージブメインセールミズンセール
78度方向へ         6ノット

明け方和江さんのワッチ中(03:10)黒雲が背後から迫っていると起こされる

そのままコクピットに出てオートパイロットで花丸を真追っ手に走る様にしておいてジブをメインセールのブランケットに入れ風を抜き    
ファーリングジェノアジブを巻き取る

ハーネスをして船首へ行ってジブを降ろしライフライン上段にラッシングする

その間5分ほどで慣れてきたが朝の空気は寒かった

結局スコールの下に入るのは免れた様で雨も風も雲と一緒に直ぐ横を通り過ぎる

花丸の周りの雲に次々に虹ができ綺麗だった  写真で見ると朝日の反対側に有る雲に虹が出来ている

もう少しこのままのスピードだと 現地時間月曜日には入港できそうです

あと203マイルです


2021年1月16日

風が真西になり風力が3から4へ

22.6度         (07:00)
34.49S.       12.00E
Wの風         風力4
デイラン111マイル       トータル5167マイル
残航325マイル
スターボードタック   インナージブメインセールミズンセール
79度方向へ     5.2ノット

いよいよ大詰め残り325マイルとなった

昨日くらいよく走ってくれたら現地時間18日月曜日にはケープタウンに到着しそうです

週末の土曜日曜は入国手続きお休みだそうですので  月曜日なら丁度良い

ちょっと昨日の時点で走行距離をかかった時間で割る計算をしてみると平均4.2ノットだった

花丸にとってあまり速いとは言えない  

凪や弱い逆風もありエンジンもよくつかった
カーボベルデを出て二日間だけは恐ろしいほど走ったが後は風が弱い事が多かった

バウスプリットの下への張り(ボブステー)のチェーンが切れるアクシデントやいろいろ問題も起きたが何とかやってきた

入港の度に入港したらこれをしようあれもしようというチェックリストができ  入港して1週間くらいは結構忙しい

さて南アフリカケープタウンがどんな所なのか   どんな出会いがあるのか楽しみです


2021年1月15日

やっと凪を脱出

22.5度         (07:00)
35.12S.         09.47E
NNWの風       風力3
デイラン59マイル     トータル5056マイル
残航433マイル
ポートタック    ジェノアジブインナージブメインセールミズンセール
72度方向へ   6.2ノット

和江さんのワッチ明け04:00には最近朝日が昇る様になった

写真は朝日に向かってヒールして走る花丸の船尾です

昨日は3日続きの凪で殆ど進んでいなかったのを朝から一気に取り返す様なパワフルな走り出しです

僕のワッチ4時間の間に風は60度程振れ回り今はアビームから少し追っ手くらいになった

和江さんは平水で5ノット以下で走って欲しいと言うがそんな上手いコンディションの割合は5パーセントも無いのでは?

何れにしても今はどんどん風は背後に回っているので 安心してワッチ交代して寝に行けます


2021年1月14日

微風に捕まってスピードが落ちた

21.9度          (07:00)
35.12S.          08.35E
NWの風         風力3
デイラン70マイル      トータル4997マイル
残航490マイル
ポートタック    ジェノアジブインナージブメインセールミズンセール
90度の方向へ        2.2ノット

いよいよ残り500マイルを切った

微風に捕まってもう3日  ここ2日程はやっとコースを90度に保ちノロノロと進んでいる

2ノットは時速4キロ位の歩く速さだが  歩いているのとは違い寝ていても座っていても食べていても  兎に角24時間時速4キロなのだから  知らない内に相当な距離移動しています

今日は洗髪洗体をすることにしてソーラーシャワーという黒いビニール袋に水を入れて水を温めています

この袋2つ持って出たのですが2つとも水を入れる赤い給水口とビニールの接着部分から水漏れです
仕方がないのでパルピットへクリップでぶら下げて給水口を上にしています

何でもそうですが大抵の物は過酷な仕様で1年を越す様な耐久性は持たせていない様です
新しいのを買ってもらわないといけませんからね


2021年1月13日

やっと風が吹き始めた

20.5度    (07:00)
35.07S.          07.09E
NNEの風       風力3
デイラン75マイル       トータル4927マイル
残航561マイル
ポートタック   ジェノアジブインナージブメインセールミズンセール
90度方向へ       5.2ノット

天気予報ではもう少し早いと思っていたがやっと昨日から弱いが風向が一定した風が吹き始めた

後はワッチ交代のたびに風力が少しずつ増して風向も予報どおり東から北に振れてきた

風が強くなるとウインドベーンも良く働く様になりコースを保つのも楽になった

ワッチ交代の度に花丸のコースは南から段々と東のケープタウンを目指せる様になり気分も変わって無風を忘れて強風対策を考える様になってきた

予報ではこの後  風は西に回りかなり吹き上がるらしい

なんでも良いから早くケープタウンに着きたいものだ  今日でカーボベルデのミンデロを出航して48日目となる

まだこの先のコース 風が吹いたり無風になったりの予報で入港の見通しが立たない


2021年1月12日

微風が続く

21.3度         (07:00)
34.41S.        05.44E
ENEの風       風力2
デイラン26マイル     トータル4852マイル
残航637マイル
ポートタック     ジェノアジブインナージブメインセールミズンセール
162度方向へ 3.4ノット

昨夕から風が少しずつ変わっては元に戻り何度も何度もタックを入れ替えて疲れた

予報通りの風が吹き始めたのは朝08:00近くになってからだった

ENEの風で今から徐々に北に回る予報です
そのあとぐるっと回って西よりの風になる予報ですがそうなるかどうかは分からない

昨日から今日朝までの花丸の航跡を拡大してみてください 同じ所を行ったり来たりあげくは西にバックまでしています
おかげで今朝は今航海さいていのデイラン26マイルでした

米と水は十分有りますが玉ねぎやジャガイモはもう数個   缶詰もジュースも後10日分くらいです

もう少しなのに予定通りすんなりとはいかない様です


2021年1月11日

寒い夏の朝 16度

20.3度        (07:00)
34.49S.    05.14E
Eの風      風力2
デイラン93マイル      トータル4826マイル
残航657マイル
スターボードタックで       ジェノアジブインナージブメインセールミズンセール
43度方向へ       1.6ノット

今朝は特別寒いと思いドックハウス天井に有る温度計を見ると16度だった

殆ど日本と変わらない緯度で  日本で言う7月だから  陸地の少ない南半球の方が暖まりにくく気温が低いのかも知れないと思ったりする

いよいよ残り600マイルを切ったがここに来て正面Eからの風が吹く

天気予報で分かっていたとはいえ前に進まないのにはガッカリ
そのうち風は北に回るという予報です

全てのセールをいっぱいに引き込んで風が北に振れるまで出来るだけ登っておくことにします


2021年1月10日

夜中の強風

19.5度       (07:00)
35.28S.        03.31E
SSWの風       風力3から4
デイラン145マイル     トータル4733マイル
残航745マイル
スターボードタック     インナージブメインセールミズンセール
106度方向へ    6ノット

昨夕方から段々と風が吹き募りました
最初の雲に気がついたのは暗くなる前でラッキーでした

雲が花丸に到達する前にジェノアジブをリーフしてデッキに下ろしライフラインにラッシング

その次はシバーさせておいて一気にミズンセールを下ろしました

それでも時々10ノットを超えるスピードが出ていた

僕のワッチの時はまだ良いが和江さんは怖かったそうだ
コクピットに波が打ち込む事も度々でハードドジャーから後ろはずぶ濡れになった

いよいよ残り745マイルになる

残り1週間くらいかと思うが あちこち小さい所が経年劣化で問題が起きているので今度凪が来たらデッキ上全ての部品やロープやシートを総点検しようと思っている


2021年1月8日

ベタ凪が続いた

26.1度   (07:00)
35.56S.        00.55W
WSWの風       風力3
デイラン56マイル     トータル4514マイル
スターボードタック     ジェノアジブインナージブメインセールミズンセール
71度方向へ    4.5ノット

朝04:00明るくなってワッチを交代したという様にWSWの微風が吹き始めた

微風で1ノットでコースを保つのはまともに5から6ノットで走るよりも格段に疲れる

和江さんのワッチではセール角度は触らないのであらかじめ先の風を予想してコースを決めておく

それでもウインドベーンのチェーンを一コマずつずらして微調整はしてくれる   時には6コマも7コマもずらしてある事がある

今朝の様に長い無風から抜け出して走り始めた朝は気持ちがよく今日もやるぞという気分になる

いよいよ緯度が西経から東経に変わる一歩手前で   ケープタウンまでの距離も1000マイルを切った

昨夜は煌々と光る客船を見  今朝はデッキにクレーンも何も無い貨物船を見た  AISアラームは本船に対して非常に有効なワッチ手段です


2021年1月7日

ピンクの雲

20度         (07:05)
35.55S.        02.05W
Nの風        風力1
デイラン89マイル     トータル4458マイル
ポートタック     ジェノアジブインナージブメインセールミズンセール
133度方向へ2.1ノット

太陽が昇るまえ東の空に浮かんでいた雲が数個ピンクに染まった

その後全部の雲がオレンジ色に染まる

昨夕21:00から機帆走を始めて07:00まで10時間エンジンを使った

そろそろ残りの燃料が気になり始めた   予備タンクも含めて残り28リットルくらいか  有ればあるほど使うものだ

風で帆走していて無風になりウインドベーンでコースを保てなくなった時に使うと決めているのだが  辛うじてコースを保ててもセールがバタンバタンと音を出し始めてもついエンジンをかける

ヨットの主機はセールだが補機のエンジンも使って整備しておかないといざという時に動かなくなります

殆どのヨットのエンジンは使わないからダメになります

オイルレベルをチェックする事と冷却水さえ出ておればディーゼルエンジンはほぼ一生物です


2021年1月6日

南風は寒い

18.3度       カーボベルデ時間(07:00)
36.08S.         03.53W
SWSの風        風力3
デイラン118マイル    トータル4369マイル
スターボードタック       インナージブメインセールミズンセール
86度方向へ       4.2ノット

昨夜黒雲が来て突風が吹き風向が変わり寒い南風です

日本など北半球では北からの風が冷たいが  南半球では冷たい南風が吹きます

昨夜風が変わった時の突風に用心していなかったので強風の中ジェノアジブの巻き取りに失敗
上部が開いたままセールがフォアーステーを一周そのまま下さざるを得ませんでした

今朝カッパを着て長靴を履いてハーネスを着けて取り込んだジブをフォアーステーの向こうを回しながら再収納   ずぶ濡れで疲れ果て  ワッチが開けて寝起きの筋肉痛です

一転して登りの走りとなり左側に傾き  バンバンと波を叩き居心地は悪いのにスピードは出ていません

この先も風向はコロコロ変わる予報です


2021年1月5日

マグロの日干し

21.1度        (07:00)
36.26S.           06.18W
WNWの風          風力2から3
デイラン128マイル      トータル4251マイル
ポートタック  で     ジェノアジブインナージブメインセールミズンセール
90度方向へ       6.1ノット

昨日釣ったマグロはビンナガマグロでした

本マグロほどは美味しく無いといいますがバショウカジキに比べるとずっと美味しかった

本当はマグロは回遊魚なので長時間続けて泳ぐための赤味が多い筈だが白身が殆どで  ものすごく脂がのっていた

短冊に切っても出刃包丁に脂がへばりついてすぐに切れなくなる   小さく切るときはミズンマストに常時縛り付けてあるダイビングナイフで切ったが 押さえている左手が脂でギトギトになった

一応今日干し2日目の始まりです  

もう南アフリカに到着するまで釣り針を流す事は無いでしょう


2021年1月4日

朝日が昇る

21.1度       (07:00)
36.33S.       08.56W
WNWの風      風力2から3
トータル136マイル      トータル4123マイル
ジェノアジブインナージブメインセールミズンセール
90度方向へ     6.6ノット

04:25朝日が昇り時間が随分ずれて来ているのを体感する

地球の全周を24時間で割ると1時間は  全周360度の球体の角度にすると15度分です

赤道直下の1度分東西の距離は60マイル(1マイルおよそ1.8キロメートル)です

15度60マイルで  赤道直下では900マイル走って1時間 時間がずれてくる事になります

地球を一周すると言っても  赤道直下と  花丸が今走っている南緯36度辺りと   北極点や南極点の周りを歩いて一周するのでは随分距離が違うわけです

飛行機だとほんの数時間でしょうが5ノット平均で走 るヨット(1日120マイル)だと真東へ進んでも今の緯度で1週間くらいかかります

ああああ   日本は遠いなあという感じです

それでも昨日と今日はデイラン130マイルを超えました

07:10くらいにマグロが釣れました
今やっと解体が終わり温かいご飯の上にマグロの刺身を載せて朝食が終わった所です


2021年1月3日

Tristan Da Cunha島

22.2度        (07:00)
36.35S.            11.46W
WNWの風          風力2から3
デイラン131マイル     トータル3987マイル
ジェノアジブインナージブメインセールミズンセール
85度方向へ        6.6ノット

昨日夕日が沈む前にはハッキリとTristan Da Cunha 島を見た

水平線に雲はなく45マイルくらい離れていたのに良く見えた
高い山があり島の周りの海岸線を白い雲が取り囲んでいた  始め巨大なビル群が有るのかと思ったくらいはっきり見えた

今朝はもっと島に近くて通り越してしまったが未だ37マイルしか離れていないのに水平線に有る白い雲に阻まれ島の姿は見えない

サンフランシスコのIHさんに教えてもらったのだが  この島は英領で260人くらいの人が住んでいるという
文明から何千マイルも離れた島で人々はどんな暮らしをしているのだろうとちょっと興味が湧くが行く気にはなれない

チャートで見ても港らしい湾も無い

日本では山間地でも瀬戸内海の小さな島々でも人口の流出が止まらず年寄ばかりになり  若者は都会に出てしまい子供を見かけない

カーボベルデ   Antao島で山頂の村に行った時人口100人いるかどうかという村に子供が結構いて保育園も小中学校も有り村が生き生きして見えたのを思い出す(村の周りに2.3軒ずつ建つ家の子供も通っている)


2021年1月2日

お屠蘇

21.4度     カーボベルデ時間 (07:00)
36.31S.          14.28W
WNWの風      風力2から3
デイラン97マイル    トータル3856マイル
ジェノアジブインナージブメインセールミズンセール
115度方向へ     3.4ノット

今日は好天微風の天気予報そして花丸の位置だと今日が正月

よしお屠蘇の真似事をしようと思ったが酒が無いのでCabo Verde ミンデロで知り合いになったネルソン君がお別れにくれたサトウキビの焼酎グロークを開ける事にした

43度の焼酎でAntoa島でネルソン君の奥さんディルさんのお父さんとお兄さんが造った焼酎だ

和江さんはオレンジジュース割り僕は湯割りでお屠蘇をいただく

出航して37日  アルコールは飲んでいないのでチョコっと飲んだだけで目の下がポッと赤くなった

気持ちが良い  僕は08:00からワッチ明けで今から4時間眠ることが出来る

まだまだ南アフリカは遠い


2021年1月1日

明けまして おめでとうございます

21.5度        Cabo Verde時間(07:20)
36.20S.         16.27W
WNWの風        風力2
デイラン91マイル      トータル3759マイル
ポートタック   インナージブメインセールミズンセール
エンジン1700回転で      4.5ノット

花丸航海記録をご覧の皆様
2021年新春
     明けましておめでとうございます

今年も良い年であります様に


航海日誌を記入した直後微風を感じてエンジンカットして真追っ手の帆走に入る

予備タンクの燃料を20リットル花丸の燃料タンクに入れた
残り予備タンク1本で10リットルになった

写真は朝 西の空   全天雲で東から昇った筈の太陽は見えない
西の空の水平線辺りの雲が薄くて明るい空が見えている  なんだか東西逆転でおかしな感じだ

predict windの天気予報では今から西北西の風が吹く筈です

今日も二人とも元気です

南アフリカどんな所か楽しみです


2021/01                  
2021/02                  
                   
                   
                   
                   
                   
                   
                   
                   
                   
                   

 

2014/01 2015/01 2016/01 2017/01 2018/01 2019/01 2020/01
2014/02 2015/02 2016/02 2017/02 2018/02 2019/02 2020/02
2014/03 2015/03 2016/03 2017/03 2018/03 2019/03 2020/03
2014/04 2015/04 2016/04 2017/04 2018/04 2019/04 2020/04
2014/05 2015/05 2016/05 2017/05 2018/05 2019/05 2020/05
2014/06 2015/06 2016/06 2017/06 2018/06 2019/06 2020/06
2014/07 2015/07 2016/07 2017/07 2018/07 2019/07 2020/07
2014/08 2015/08 2016/08 2017/08 2018/08 2019/08 2020/08
2014/09 2015/09 2016/09 2017/09 2018/09 2019/09 2020/09
2014/10 2015/10 2016/10 2017/10 2018/10 2019/10 2020/10
2014/11 2015/11 2016/11 2017/11 2018/11 2019/11 2020/11
2013/12 2014/12 2015/12 2016/12 2017/12 2018/12 2019/12 2020/12

 

2001/01
2007/01
2008/01
2001/02
2002/02
2007/02
2008/02
2001/03
2002/03
2007/03
2008/03
2001/04
2002/04
2007/04
2008/04
2001/05
2002/05
2007/05
2008/05
2001/06
2002/06
2007/06
2001/07
2002/07
2007/09
2001/08
2002/08
2001/09
2001/10
2001/11
2007/11
2001/12
2006/12
2007/12