日替わり写真

2018年03月31日

鯨の博物館



観光客をしました

海岸沿いに歩いていると鯨の骨を組み立てて展示している所があります
鯨の博物館です

老人割引きで二人で216ペソ(およそ1800円くらい)です
バスも60歳以上は半額(30円)ですが日本では老人割引きで何かをした覚えがないので戸惑います

ちゃんと英語の出来る学生風の案内係りが居るのですが
どうせ聞いても細部は解らないだろうと二人で好きなように見て回りました

スーパーのレジを打っているおばさんの日給が1200円くらいだと聞きましたので
鯨の博物館は観光客相手です 割高感があります

しかしそんなに安い日給でどうやって食べていくのだろうとクリスチャンさんに聞くと
彼らは大家族で全員が働いているから食べることが出来るのだと言うことです

メキシコの人は家族の繋がりを非常に大切にします


 

2018年03月30日

アート

 



昨日はクリスチャンさんと遠くまで歩いたので
疲れてビールを飲んだら一気に寝てしまいホームページを更新しませんでした

写真は一昨日市場の方へ行ったときのものです

こんな感じの絵があちこちに描いてあります
駐車場の壁・ビルの壁・商店の壁など何所にでも面白い絵があります

ディズニーの漫画や宮崎駿夫さんのマンがとも大分違います

あちこちに絵があるので一人で描いたとは思えません
それでも何となくメキシコの絵だなと思え 一貫性がある様に感じます


018年03月28日

「エスカルゴ」出帆



「エスカルゴ」は朝07:30アンカーを上げて出港していきました

「花丸」とクリスチャンさんの「Al Broc」の間を通り抜け
さようならと手を振り僕達に見送られて静かに航路へ向かいました

ほんの10日ほどでしたが見送るのは寂しいものです

彼らは直ぐ近くのPartida島にアンカーを降ろして遊ぶそうです
国立公園でアンカーリングするのに一人1日いくらというお金が必要で
その券を4人分買ったそうです

位置情報で見るとちゃんとクリスチャンさんが薦めた所にアンカーリングしているのが見えました

そこを出たらマルケサス諸島までおよそ1ヶ月の旅が待っています
航海の安全を思います


 

2018年03月27日

「エスカルゴ」にてお別れ会



「エスカルゴ」はベネト-社のLAGOONというタイプの双胴船です

2つの船体を繋いだ中央に広いキャビンがあります
昨日その広いキャビンでお別れの昼食会をしました

クリスチャンさんと僕達ともう一組スイス船のカップルが呼ばれていたのですが
彼らが来たのは夕方だったようです

僕達はマルケサス諸島やツアモツ諸島の話しをたっぷりしながら

山田船長の料理を堪能しました

彼は料理が出来てウクレレも弾けて歌声も聞かせてもらいました

楽しい時間を過ごしました  ありがとうございました

今朝(現地時間3月26日 07:30)エスカルゴは無事出港していきました


 

2018年03月26日

La Pazの夜明け



クリスチャンさんのヨットの向こうに朝日が昇ろうとしています

ラパーズは日曜日の朝です
教会の鐘が朝早くからあちこちで鳴っていました

金曜日の夜や土曜日の夜はたいてい明け方近くまで大音響でお祭り騒ぎをしています
あれでよく朝の教会に行けるものだなあと感心します

明るくなった今も教会の鐘が又鳴ります
キリスト教も仏教と同じように色々な宗派に分かれているようですが
メキシコはスペインが持ち込んだ古いキリスト教でしょう

メキシコ人って陽気な人達です
昨日見た左官さんは丸い柱をコテで仕上げながら楽しそうに歌を歌っていました

親指を立てて良いよと言うサインを見せると
ニコニコして益々大声で歌っていました

年齢不詳 真っ黒で皺だらけ 随分お爺さんに見えましたがきっと僕より若いでしょう


 

2018年03月25日

クリスチャンと[Al Broc]



クリスチャンさんのヨットは42フィートのケッチで鉄製です

船名は[Al Broc]息子と娘の名前を組み合わせたそうです

鉄工所をやっている友人が居て全ての機械を自由に使わせてくれたそうです
シャーリングマシン・ベンディングマシンその他の高価な機械が自由に使えたと言いますから
自作と言っても環境は整っていたと言います

ダブルチャインでシアーラインからチャインまでは4ミリ
中央と底は5ミリ キールは12ミリの鉄板だそうです

船体を組み立て終わってから外も内も全面サンドブラストをかけたと言います
普通の人は外側だけで終わりますが彼は徹底的にサンドブラストをかけたと言います
それからジンクプライマーを塗って半月ほど放置してから作業にかかったそうです

チャートテーブルもヒール角度に合わせて水平が保てるようにジンバルになって居ます

チャートは何百枚もあるのでナンバーと地域を書いたノートにまとめ
そのノートからチャートテーブルの蓋を開けてお目当てのチャートを取り出すのだそうです


 

2018年03月24日

砂浜



La Pazの町の向かいに町を囲むように半島がせり出している

今アンカーリングしている所からラバーディンギーでとろとろ走って15分くらい
透き通った水とゴミのない砂浜に行き着く

大きな雨傘をさして一人歩いて居るのは和江さんです

時々地元の漁船が観光客を乗せてやってきますが
普段は全く人気がありません

30センチ以上深い所にはエイがいるから刺されない様に注意するように言われました
刺されたら病院へ行かないといけないことになるそうです

こちらから踏んづけたり相手にしたりしない限りは逃げると言われ ゾウリで海に降りすり足で上陸しました

確かにゴミのない綺麗な砂浜です
但し貝殻などの面白い拾いものもほとんどありません

水が綺麗で人が居ないのが取り柄の砂浜です


 

2018年03月23日

教会



昨日は広島のヨット「エスカルゴ」の人達と港を管理する港長の所へ行きました

ここでは健康診断のような書類を医者に行って作ってこいと言われます
僕達の時はカード支払いだったのが銀行へ行って振り込んで証明書を持っておいでと言われたそうです

その帰りの道に周りの建物とは不似合いなくらい大きい教会がありました
La Pazの町中で何カ所の教会があるのか解りませんがどれも立派な大きな建物です

バスにはキリストと思われる写真を貼っているしメキシコはキリスト教徒が多い様です

道ばたにも日本でよくあるお地蔵さんの様に小さい小屋に聖母マリア像などが有ります

大分町も色々な所を歩きましたが道が凸凹で下を向いて歩かないと負傷する恐れがあります
和江さんは一度転倒しました
僕も危ないので暑いのを我慢して草履から靴に履き替えました


 

2018年03月22日

パトリックさん夫婦



クリスチャンさんの船にウェザーファックスについて説明するというので僕も招かれた

クリスチャンと僕は航海用のチャートに無料の0pen CPNを使っているが
パトリックさん達はお金を出して別のチャートを使っているそうだ

そして風情報はクリスチャンさんとパトリックさんはアマチュア無線でファックス信号を受ける
ウエザーファックスを使っている
僕はイリジュウム プロディクトウインドオフショアー の天気予報だ

イリジュウムは何時でも予報が採れるし動画で見る事が出来るので非常によいのだが
何しろ一年契約で一ヶ月の使用料金が日本円でおよそ14000円と僕達にとってはあまりに高い

イリジュウムの場合気象を採るだけでなく
電話と自分の位置情報を陸にいる人に知らせる事とショートメールの4つの事が外洋でも出来る

昨日のアマ無線を使ったウエザーファックスもバックアップとして出来る様になっておきたいと思った


 

2018年03月21日

クリスチャンとパトリック



二人とも自作の鉄製ヨットで二人とも赤色の船です
二人ともフランス人です

パトリックの方には奥さんとお嬢さんと子犬が乗っています

もうメキシコに来て1年になるそうです
来月半ばにはビザが切れるので出港しないといけないそうです

ほぼ毎日顔を合わすのでお話しは出来ませんがお友達です
時々クリスチャンが英語をフランス語に直す通訳をしてくれます

パトリックのテンダーは底がTRPで回りはゴムボートです
底が硬いので大きいエンジンを取りつけてぶっ飛ばしています

今からアマチュア無線の信号から気象情報をファックスで受けると言うのがおかしくなり
クリスチャンさんが直すそうです
和江さんを花丸に残してそれを見に行きます


 

2018年03月20日

カスタムとイミグレ



エスカルゴの人達を僕達にクリスチャンさんがしてくれたように
カスタムとイミグレーションにご案内した

ところが今日は何かのフェスティバルだと言いお休みだと言われた

明日09:00にもう一度来て欲しいというのを何とか食い下がって
パスポートの入国印はもらえなかったが書類の受付はしてくれた
優しいカスタムの休日出勤のお姉さんだった

その後振り込みをする近くの銀行をお教えしてエスカルゴの人達と別れ
僕達は買い物をしてマリーナに帰り 
マリーナでテンダーに積んであった洗濯物を取りに行きコインランドリーへ

全部が終わり買い物袋と洗濯物の大袋をテンダーに積んで無事に帰り着いたときには
お昼を優に過ぎた時間になっていた


 

2018年03月19日

Wi-Fi事情



エスカルゴは航海中メールを受けることが出来なかったので
マリーナのドックカフェで昼食をと言うことになり ご馳走してもらった
いきなりメールが繋がったので今まで溜まったメールを処理し始めた

僕が到着した日も同じようにネットに繋がっていきなり多くのメールを消去する作業だった

おじさん達3人は黙って真剣にスマホを操作している

和江さんも全くネットをしないがエスカルゴの唯一の女性クルー(チーちゃん)もネットはしないと決めたと言い
二人は手持ちぶさたという感じだった

昔の航海では考えられないような光景だ
今から毎日何処かのカフェでネットをすることになるんだろうなと思う


 

2018年03月18日

広島からエスカルゴ



エスカルゴはLAGOON38と言うフランスの双胴船です

花丸が15日かかった所を12日でサンフランシスコから来ました

カタマランは中央部分に広い空間があり遊ぶには最適です
両方の胴体の前後に広いベットが4つ有ります

女性一人 男性3人で広島から来られました
おそらくラパーズにヨットの日本国旗が2つそろったのは初めてでしょう

積み荷も沢山積めますが燃料や水も余裕で初日は上陸しないでも
何も不足のものは無いと言う事で夕食に僕達を誘ってくれました

冷凍庫も冷蔵庫も有り途中で釣った魚の刺身と素晴らしく美味いステーキをご馳走になりました
船長の山田さん自ら料理をしてくれます
料理が上手でない僕には羨ましい限りです

和江さんは僕がやるといい加減だからと皿洗いもさせてくれません
そんな事無いけどなあ


2018年03月17日

La Pazマリーナ事務所



テンダーを繋いで上陸して直ぐにLa Pazマリーナの事務所入り口です

日中は暑いので長袖 長ズボンで傘をさして出歩きます

メキシコの人は短パンにTシャツが普通です

今日はもうすぐ(後2時間後くらい)広島のエスカルゴというカタマランが来ます
サンフランシスコでお互いに連絡をしながらなかなか会えませんでしたが
ここで確実にお会いできそうです

花丸の近くにアンカーリングしてもらうスペースをテンダーで廻ってみました
バラストが無い船なので吃水は花丸よりも浅いかも知れません

花丸の位置でも底が見えていて他のバラストの長い船はアンカーリング出来ないでしょうが
花丸は吃水が浅いので大丈夫です

出来るだけ吃水の浅い船をと設計を依頼したのはこんな時のためです

さあ今日も暑い一日が始まりました


 

2018年03月16日

インディオの像


海岸通りにあるインディオの像

誰なのかよく知らないが花輪を飾ってあったりするので今でもそうとう大切にされている人みたい

この周りに土産物の店や露店が集中している
和江さんは麦わら帽子のような涼しそうな帽子を買った

だんだん気温が上がり日中はもう動く気もしなくなってきて

船で海上を吹き渡る涼しい風に当たりながらメキシカンビールを飲んでいるのがよい

それでも買い物は傘をさし麦わら帽をかぶり長袖シャツに長ズボンで行く
直射日光にあたると暑くて刺すように痛い

日本ではそろそろ寒さも終わりで希望の春が来ているんだろう
ここラパーズは四季のない暑くて乾燥した町だ

西部劇映画のように熱い砂が吹き飛ぶ中にポンチョに包まれたガンマンが現れてもおかしくない感じがする


 

2018年03月15日

テンダーカバー

昼間はもの凄い暑さで「花丸」のラバーテンダーは空気が膨れてばんばんに膨れる
それは良いのだが紫外線で暑くてサイドに座れなくなる

クリスチャンさんがして居るような日除けがないと長持ちしないだろうと思い
テンダーの日除けを作ろうと思い立った

クリスチャンさんの船には手回しのシンガーミシンがある
何か縫う物があれば使って良いよと言われていたのをこれ幸いとテンダーカバーを作る事にした

布は安い日除けの布を買った
簡単にUの字型に縫えばよいと考えていたがそんなものではなかった

クリスチャンさんがこうせよああせよという通りにやっていると
まるでプロの仕事ぶりだ

遂に写真の様に花丸のテンダーをクリスチャンさんの船のデッキに上げて現物に合わせながら
和江さんが待ち針を打ち曲線まで縫うことになってしまった

僕達にはとても出来ないので全部クリスチャンさんがやってくれている
もう縫い始めて2日目僕は押さえているだけだが だんだん腰が痛くなってきている


 

2018年03月14日

アメリカのヨットビルダー

何時も合う度に「こんにちわ・ありがとう」と声をかけてくれていた人達に
海岸通りで同じ方向に歩いていて一緒になった

何所へ行くのと言うと両替をして市場へ行くと言う
僕達は両替はしないが市場へ行くと言うので一緒に行くことになった

彼らは明日出港だからと色々なものを買っていた
色んな種類の野菜や果物そして肉類
冷蔵庫と冷凍庫があるというので冷凍したままの牛肉も買っていた

一緒に帰ってちょっとだけ船を案内すると言うので見せてもらった
奥さんの名前Donna Jeanと言うのが船名の39フィート ダブルエンダー カッター

ありとあらゆる物を取りつけた豪華な船だった
船首にガンポールを出し180%スピンネーカーまで備えていた
それっジェネーカーかなと思ったが彼はスピンネーカーだという

船内もピカピカで無い物は無いと言うくらい色々なものが取りつけてあって綺麗な船内だ
自作だというので本当かなと思ったら彼の仕事はボートビルダーだったそうだ

ダブルエンダーのこんなに重い船を選んだと言うことは船に住むのを楽しんで居る人達だろう
船籍はサンフランシスコ・サウサリートで毎年ここへ来るそうだ


 

2018年03月13日

La Paz マリーナのディンギー置き場

マリーナの一番奥にある事務所の前にディンギー置き場がある

赤いのが花丸のディンギーでその右がクリスチャンさんのディンギーです
中でも一番小さいディンギーです

他の船のディンギーは大きくて大きな馬力のエンジン付けています

ソフトラバーディンギーは水汲み場の右側に駐め
ハードディンギーは海に向かってだいたい左側に駐めます

ここ二三日暑くて風が吹かない日が続いています
今朝もべた凪で鏡のような海面です
暑い一日の始まりです


 

2018年03月12日

Richard Loweさん

アメリカ人で名刺の住所が太平洋となっていた
もう40年航海を続けて居るそうだ

空軍に居て日本には何度も行った事があるそうです

ラパーズには15年ほど前にも来たが何も変わっていないと言う

1ヶ月半滞在して大切な手紙の到着を待っているという話しでした

カナダで知り合いが大切な手紙を送ってくれそれがメキシコシティーに着いたのが3日後
メキシコシティーからラパーズまでどうして一ヶ月以上かかるのだとため息をついていた

77歳の面白いおじさんで3年前に一緒に航海していた奥さんを病気で亡くされたと言うことです

日本酒以外は何でもあるから飲みに来いと誘ってくれたので
アンカーリングして居る船をみんな見て回るついでに声をかけました

綺麗に整備されたFRPのヨットで40年以上経っているそうだ
船内でビールを飲みながら少し航海のお話しをした

きついラム酒を飲みながら大航海をした古いヨット乗りの雰囲気がある人です


 

2018年03月11日

真水

毎日上陸の度に空きボトルを持っていって水を汲んできます

メキシコの水は怖いです
昔アカプルコでメキシコの水に当たり1週間ほどトイレの番人をしたことがあります
今まで経験した一番酷い下痢でとにかくトイレから離れられなかった思い出があります

昔スペインがメキシコを占領したとき殺した酋長の祟りで西欧人はみんな下痢になると言うことでした
そんな事は無いでしょうが西欧の人だけでなく黄色人種も例外ではありません

とにかく水には気をつけて居ます
ラパーズマリーナのディンギー桟橋にある蛇口の水は直接飲まない方がよいが綺麗な水だそうです

それ以外に直接飲む水はコインランドリーのそばに蛇口がありそこから別のタンクに入れて帰ります

ラバーテンダーの新しい2馬力エンジンにUVカットの布をかけました
船尾にある入れ物は予備のガソリンを入れたペットボトルです
日本の飲料が入っていたペットボトルは優秀ですガソリンを入れて放置しても半年くらい何ともありません


 

2018年03月10日

人魚とイルカ

よく歩く海岸沿いに人魚とイルカのモニュメントがあります

銅で出来ておりイルカも人魚も筋肉まで表現されてなかなかよい出来映えです

その向こうに見えるアンカーリングしてるヨットの群れは航路を挟んで陸側に有るヨットです
遠くの方に小さく見えるのが航路の向こう側にアンカーリングしたヨットです
「花丸」も航路の向こう側にあります

最近全体にアンカーリングヨットの数が少しずつ減って来ています
北の方に春が来て北上するヨットが徐々に出港しているそうです

直接陸地に添っての北上は潮と風の向きで難しいので
北上するヨットはずっと西に進み太平洋の大外回りで北上します

写真の人魚 左胸ばかり銅の錆が浮いていません
通りがかりの人が何のおまじないか触れて行くみたいです


 

2018年03月09日

花丸 アンカーリング

2馬力のエンジンに替えたのでパワーがあり何処へでも行けるという感じです
潮の流れが速いときは1馬力では不要な動きは出来ずマリーナと花丸の往復だけでした

今度は余裕で風が少々吹こうが潮がきつかろうが自由に動けます

花丸の周りを回ってアンカーリングの写真を沢山撮りました

向こうに見えている赤い船がクリスチャンさんの42フィート自作鉄製ケッチです

ありとあらゆる所に彼なりの工夫があります
世界を一周したあとここ7年ほどはカナダとアメリカとメキシコを行ったり来たり
そんな人がこのアンカレッジには沢山居ます

50年間ずっとクルージングをしているという人も居ます
先ほど花丸を訪れて少し話しをしました 面白いおじさんです

何時でも訪ねておいで船を見せてあげるよ
日本酒はないがアルコールなら何でもあるよと言われました
行って見る気になりました


 

2018年03月08日

海岸沿いを歩く

昨日は何時もと全く違う市場に買い物に行きました
海岸通りを沖アンカーのヨットを見ながら歩きました

スーパーではニワトリはみんな凍らせて売っており黄色く変色していかにも美味しく無さそうです

その事をクリスチャンさんに話すと鶏肉が欲しいなら専門店へ行けと言って教えてくれたのが市場です

スーパーほどは物がありませんが広い区画に色々な店が入っており
その一番奥に地鶏専門の鶏肉屋さんが有りました

僕達が行ったときは丸ごとの鶏肉2羽分しか置いて居ませんでした
小さい方を選んで買いました88ペソ520円ほどでした

切り分けようかというのでお願いしました
実によく切れる包丁で一々どう切るのだと聞きながら和江さんの言う通りに切ってくれました

そのニワトリは安くて柔らかくて美味しい物でした
他にも野菜や果物や出来たてのタコスを包む皮を買って帰りました


 

2018年03月07日

2馬力船外機

日本では売っていない2馬力2サイクルの船外機を買いました
メキシコで中古は買うなと言われていたので新品をオーダーしました

ラバーディンギー用の足の短い船外機です
5日待ってメキシコシティーから来ました

燃料はガソリンですが2サイクルなのでオイルを入れます
初めの50分は1/25(4%)で後は1/50(2%)だそうです

メキシコ人は親切ですギア-オイルとエンジンオイルは販売店がサービスしてくれました
おまけにマリーナまで船外機と僕を社長自ら車で送ってくれました

値段は日本円で9万円ほどでした
昔々日本で2サイクル船外機を売っていたときの値段でまともな値段だと思いました

1馬力と比べプロペラが大きくてトルクがあります
1馬力は回転数は高いのですがプロペラが小さく力がありません
丁度船外機エンジンとディーゼルインボートエンジンとの違いくらいだと感じます

昨日は今までお世話になった1馬力空冷エンジンを水洗いして綺麗に乾かし
CRCを吹き付けていざという時のためにしまっておく準備をしました

売っても良いかとも思いましたが片手を伸ばして持ち上げる事が出来る軽さなので
そのまましまっておくことにしました


 

2018年03月06日

インターネット

マリーナオフィスの建物の直ぐ隣にあるカフェ入り口に置いてあるベンチに座ってインターネットに繋ぎます

本当はiPhoneでテザリングしてネットに繋いでいたのですが
通信の初期化というのをしてしまい設定の所に有るインターネット設定の下にあるはずの共有が消えました

ネットで調べて色々共有のボタンを出す方法というのをやったのですが結局時間ばかりかかって見つけ出すことが出来ません

仕方が無くドックカフェというカフェレストランから漏れているファイファイを拾ってネットに繋ぎ
ホームページの更新です

花丸の中で更新できていた物が出来なくなり非常に不便になりました
このままでは大変なので次の電話契約の更新日21日にはメキシコの電話会社に乗り換えようかと思っています

アメリカのAT&Tと言う電話会社の契約料金は高すぎます


 

2018年03月05日

夕焼け と 朝焼け

刻々と変化する夕焼けを和江さんが写したものです

凪の時 空が晴れているときは綺麗な夕焼けを見る事が出来ます

これはアンカーリングしているヨットの群れと
その向こうにあるラパーズの町を守るように展開した細長い砂州です

これは直ぐ近くにアンカーリングしたクリスチャンさんのヨットと
その向こうに見える町とそれを囲む山々です

凪の時は平和な空を見る事が出来ます


 

2018年03月04日

スーパーマーケット

バスに乗って10分くらいの所に有るChedrauiと言う名前のスーパー
野菜果物だけでなくテレビ・電化製品・パン・洋服・医薬品・その他何でもある

ここへはよく買い物に来る
パンは焼きたてで非常に美味い 

入ってすぐのところに警備員が居て持って入るバックに荷札のような物を付ける
多分万引き防止だと思うがチェックは厳しくない

もう一つの新しく出来たマーケットはチェックが厳しくバックは預けて入らないといけない
そこも警備員が居ない方の入り口から入れば問題はない

暇なときは(曇りで歩きやすくて)歩いて行き 帰りはバスで帰る
8番か39番のバス5ペソ(30円)で帰るとマリーナ直行です

ほとんどアメリカと変わらないくらい色んな物があります
食料の値段はアメリカのほぼ半分です
アメリカでは一回50ドル前後の買い物をしていましたがメキシコでは500ペソ(3000円)くらいです

商品を入れて押すカートのキャスターがみんなと言って良いくらい傷んでいます
何しろ駐車場が凸凹でスムーズには進めないのです


 

2018年03月03日

ガフリグ

「花丸」以外にもう一艇ガフリグの船が居ます
黄色いサーフボードをバウに積んだヨットです

スプレッダーが無くて多分一気にトップスルを上げるためと思われる長いマストです

マストが木ですからおそらく木造艇ガフカッターでしょう
40フィート近くあるように見えます

このアンカーリングをしている船の中でガフリグは「花丸」とこの船の2艇だけです
上陸しているときに彼も気がついたのでしょう花丸はガフリグだねと言われました

それ以外にはカタマランが昔と違い多くなっていると言うことに気がつきました
ほんの45艇くらいのクルージングボートの中に4艇ものカタマランが居ます

カタマランは広くて住みやすいのがクルージング向きなのでしょう
但しアンカーリング出来なければ停泊料金はスループよりも高くなります


 

2018年03月02日

遠い泊地

「花丸」がアンカーリングしている場所はLa Pazマリーナに一番近い場所です

この写真を写した花丸の泊地の直ぐマリーナ側を航路が横切っています

航路を横切ってちょっと走るとマリーナに到着する事になります

そして この花丸停泊場所から外側の島と花丸の間に沢山のヨットが停泊しています

写真の開けた部分に何故ヨットが居ないのかというと
潮が引くと船外機でもプロペラが当たって通れないような浅瀬があるのです

このくらいの平穏な風の時は全く解りません

それでアメリカから来たヨットが僕が見ている目の前で砂に乗り上げてストップました
そこが砂地だから良いのですが岩場だったら相当なダメージだったでしょう

航路を浚渫中なので今は航路のブイを結んだ線から100メートル以内にはアンカーリング禁止です
「はなまる」は現在ぎりぎりセーフのマリーナに一番近い位置にアンカーリングしています

今日は風が強くてディンギーを降ろすのに躊躇したのですが
洗濯物がたまったので仕方無く上陸しました


 

2018年03月01日

引っ越し

今日の夕方から風が吹くという予報なので一度アンカーを上げました

もうラパスに来て20日ほど経ちました
潮の満ち干で船が潮の方を向いてあっちこっちに引っ張られました

アンカーチェーンがアンカーに絡んでいてはいけないのでそれを見る為です

上げてみると流石に絡まっては居ませんでしたがチェーンがよじれていたので
最後はクルクル回りながら上がってきました

クリスチャンさんも最初に僕がアンカーを打った場所から僕の直ぐ隣に引っ越してきました
一番の目的はアンカーチェーンの確認です

写真に写っている赤いケッチがクリスチャンさんの鉄製自作の42フィートです

彼のウインドラスは手動ですそれに船が重いから「花丸」よりも太いアンカーチェーンです
なかなか引っ越しも大変だったろうと思います
70歳だと言いますがまだまだ元気です


 

 

過去の日替わり写真

2014/01 2015/01 2016/01 2017/01 2018/01    
2014/02 2015/02 2016/02 2017/02 2018/02    
2014/03 2015/03 2016/03 2017/03 2018/03    
2014/04 2015/04 2016/04 2017/04      
2014/05 2015/05 2016/05 2017/05      
2014/06 2015/06 2016/06 2017/06      
2014/07 2015/07 2016/07 2017/07      
2014/08 2015/08 2016/08 2017/08      
2014/09 2015/09 2016/09 2017/09      
2014/10 2015/10 2016/10 2017/10      
2014/11 2015/11 2016/11 2017/11      
2013/12 2014/12 2015/12 2016/12 2017/12      

 

2001/01
2007/01
2008/01
2001/02
2002/02
2007/02
2008/02
2001/03
2002/03
2007/03
2008/03
2001/04
2002/04
2007/04
2008/04
2001/05
2002/05
2007/05
2008/05
2001/06
2002/06
2007/06
2001/07
2002/07
2007/09
2001/08
2002/08
2001/09
2001/10
2001/11
2007/11
2001/12
2006/12
2007/12