日替わり写真

 

2018年08月18日

目の前にいきなり漁船

08:30現地時間
南緯--01-37-143
西経--82-00-229
残航海距離2413マイル
船内温21.9度
南の風 風力3  天気-曇り
240度方向に  4.9ノット
セール   メインセール1ポイントリーフ-ミズン-インナージブ

昨日昼過ぎにPuerto Lucia Yacht Club の桟橋を離れ外洋に向かって走り始めました

舫ロープに花丸のロープを使っていたので回収すると短いが海藻が付いていた
スターン物入れの蓋の上で1時間くらいブラシで擦って海藻を落とした
出航早々苦しい仕事だったので遠ざかる街の景色を楽しめなかった 

南北方向に進む本船を何艇も見て夜が明けて陸から遠ざかったのでもう漁船も居ないだろうと安心していると
目の前に小さい船外機の漁船が現れた
3人乗りで網を上げている所だった

よくこんな沖まで来て漁をしているものだ
しかもこの距離で朝を迎えたと言うことは夜間航海で来たに違いない

ウインドベーンを解除してティラーを切って避けた
外洋でティラーに触るとは思わなかった


 

2018年08月17日

出港の朝

いよいよ出港の朝です

09:00に事務所へパスポートを持って来て欲しいというので行ってきました

それを持って事務所の女性が出港の書類を作りにカスタムとイミグレーションへ行くそうです

帰ってきてトイレとシャワーのカギを返しデポジットで預けていた10ドルを返してもらいました

船に帰ってからはセールカバーを外したり
船内の片付けをしたり
本当の船のための出航準備をしました

後は船と人のチリへの書類とパスポートを受け取り
水道料金を払い水道ホースを花丸に収納し電気代を払って電線を切れば出港です

出港するにはマリーナの人にバウ舫をブイから外してもらわないといけません
それらの手配が上手く行っているか ここはエクアドルです日本の様にきちんと行くとは限らないのです


 

2018年08月16日

天気予報

天気予報はイリジュウムGOのPredict Wind Offshoreと言うソフトで取ります

太平洋横断中はなかなかイリジュウムが正常に繋がらず天気予報を取ることが出来ませんでした

松山在住のロバート・シェラー神父さんのおかげでサンフランシスコ以降念願の天気予報が外洋でも入手出来る様になりました

刻々と移り変わる風向風力を動画で見る事が出来ます
iPhone・iPad・そしてMacBookにも取り込めます
天気予報が何時でも取れる航海なんて昔はとても考えられない事でした

それにしてもエクアドルからチリへというのは難しい航海です
真向かいの風と潮があります
南半球が夏になる1月2月まではこの南米南端の強力な風が弱まることはありません

昔帆船航海時代の船乗りは天気予報なしで観天望気だけで航海したのです
しかも今のヨットよりもずっと扱いにくい船だったと思います
きっと航海術は今のヨット乗りの何倍も上の物があった事と思われます

「花丸」はいよいよ明日の昼くらいにチリに向け出発します
目的地は今のところValdiviaだと決めています


2018年08月15日

市場の賑わい

買い物客より売っている人が多いのではないかと思うくらい売る人が多い

お店を構えて色々な商品を売っている店もありますが
その前の通路を挟んで三輪車の物売りが道に三輪車を駐めて大声で物を売ります
(普通の自転車の前輪とハンドルを取り外しそこに台付き二輪車を取りつけた様な三輪車です)

また肩にネットを提げてその中に商品を入れて売り歩く人も居ます
(パッションフルーツなどの果物やライム売りなどが多い)

道に座り込んで布の上に商品を並べて売っている人も居ます

子供が左腕にに皮を剥いたトウモロコシを4本か5本並べて右腕でバランスを取りながら
会う人ごとに値段を言って回って買わないかというのも良く見ます

市場全体に売り声が飛び交い活気があります
僕が長く住んだ松山市では祭りか縁日でないと物売りの声など聞いたことがありません


 

2018年08月14日

卵とハム

何時も行く市場の 卵を買うお店

このカウンターの前に3列3重くらいに人が並ぶ
並ぶと言っても順番待ちはない 先に注文した者勝ちという感じで後ろからでも次々に注文される

和江さんは辛抱強く前の人が買い物を終わって一番前になるまで待つ
一番前になっても次々に後ろの人が注文するのでなかなか順番が来ない

僕も和江さんの隣に並んで出来るだけ後ろからの侵入者が無いようにする

何時も卵が1ダース入って居た紙の卵ケースを出して12個入れてもらう
12個で1ドルだが時々値段の変動があるようで奥にいる女の人に値段を聞いている
今回は出港に備え3箱分の卵を買った

卵以外にハムソーセージがよく売れるようでそのへん中に吊り下げてある

若い男の子2人と女の子2人の従業員が居る

エクアドルの人は何故か肉そのものよりも加工してハムになった物をよく食べるようだ

メキシコほどではないにしろ小太りの人が日本よりは多い
エクアドルは身長が低い人が多いので太れば目立つのだろうか


 

2018年08月13日

お母さんと子供

もう最後だろうとホルヘさんと奥さんと子供(16歳高校生)が花丸に来た
奥さんの名前はジョコンダさんで息子はアントニー君

奥さんが作ったエビの料理を持ってきてくれた

和江さんはホルヘさんにもらった新鮮なカレイで寿司を作った

あまりに遅くまで飲んだので起きだしたのは昼近くだった

いよいよエクアドルともお別れで明日には出国手続きをする事になる
実際の出港は現地時間16日の昼くらい(日本時間17日朝02:00)になるだろう

ほんの2ヶ月ほどでしたが住めば都それなりに色々な良い思い出が出来ました


2018年08月12日

Puerto Lucia

Puerto Lucia Yacht Club受付正面入り口が左の建物
ここ2週間くらいで芝生の周りを取り除いたと思ったら観葉植物を植え込んだ

通路と芝生の接する所を30センチくらいずっと芝生を剥がしていた
どうするのかなと見ていると葉っぱがカラフルな植物を植えていた

いよいよ僕たちは今月16日現地時間にチリに向けて出発することにした
たった2ヶ月だったが綺麗で安全なPuerto Lucia Yacht Clubともお別れ

ほとんど買うものは買って積み込んだ
これで水タンク3つをを満タンにしたら吃水の赤い船底塗料が見えなくなるくらいだ

僕は今は海に出た方が気が楽になると思っているが
和江さんは陸の方が良いという

多分無寄港世界一周とかやる人は今の僕と同じ様に海上にいた方が気が楽なのだろう
僕は半々くらいが良いなと考える
知らない港に行って滞在し全く違う価値観の世界を見たいとも思う


 

2018年08月11日

Comisariato スーパー

ショッピングモールの中にある何時も行くスーパーComisariato

このスーパーマーケットにはホームセンターも洋服売り場もある

スーパーの中にも外にも沢山のATMの機械がある
僕たちは何時もスーパーのものではなく銀行のATMでドルを引き出す

とても広いスーパーだが何度も通ったのでやっとどの辺りに何があるか解る様になった

今日の買い物のメインは酢 エクアドルに来て買った事は無かったが直ぐに見つかった
真鍮のクッキングストーブを掃除するためで食べるつもりはないので安いのを買う

酢は漂白作用もあり殺菌作用もあるあまり強くなくて使いやすい

いよいよ後出港まで現地時間で7日となった
ほとんどの物は揃っている 出港直前に卵・タマネギ・ジャガイモを買ったら出港出来る


 

2018年08月10日

ローストチキン

道に機械を出してクルクル回しながら焼くローストチキンを売り物にしているお店があります

ホルヘさんの所に通じる海岸通りから一つ入った大通りには
ローストチキンを店先で焼いているレストランが集中して15軒くらいある

何故か解らないがこの通りではローストチキンが売れるのだろう

僕たちは端っこにある小さい店で時々持ち帰りのローストチキンを買った

一匹まるのままのローストチキンが14ドル
半分が7ドル50セント 1/4が3ドル75セントと看板には書いてある
何故か2回目から僕たちにはいつもチキン半分を6ドルでくれる

二人で3回くらいに分けて食べないと食べられない量だ
おまけに頼んでいない塩漬け野菜とクッキングバナナのフライも入れてくれる

お昼過ぎ 一番最初に売り切れてお客が居なくなる小さいお店だ


 

2018年08月09日

犬の集団行動

道に寝そべっている犬に近づいて写真を撮りました

そうすると普段は寝続ける犬がむっくり起き上がり吠え始めました
そしたら他の所で寝ていた犬も起き上がり吠え出しました

大きいのが2匹と小さいのが3匹ワンワン吠えながら寄ってきました

逃げたら危ないと思いそのまま普通の速度で歩いて遠ざかりました
家の中にいた犬まで吠えだし大騒ぎの犬の大合唱になりました

チンピラの集団は居ませんが犬の集団がちょっと怖かったエクアドルです

次からは寝ていても犬には近寄らないことにします

だいたいいつも同じ当たりに同じ犬が居るから近くの家の飼い犬ではあるのでしょうが
首輪もなく自由に動けるので集団になったら怖いです

全く犬が居なくて猫だけの猫屋敷のような所もあります
そこには15匹くらいの猫がいつもたむろしています


 

2018年08月08日

水タンク

家の一番高い所に水タンクを備えた家も沢山見ます

断水に備えているのかと思いますが一本柱の上にベースを作ってその上に重い水タンクを乗せたのでは不安定です
日本ほど地震が多いところでは考えられない設置方法です
屋根の上でなく庭にコンクリートの柱を立てて水タンクをその上に乗せている家もあります

飲み水は大きなボトルに入った水を買っている家が多いので
タンクの水はその他の生活用水でしょう

家の建て方も気になります
基礎の部分はどうなっているのか解りませんが
先ず鉄筋4本を立ててそれを何段かの四角く曲げた鉄筋で囲います
その外に木で枠組をして置いてセメントを練って流し込みます

そうやって出来た柱と柱の間にブロックを立てて壁にします
所々に鉄筋が入っているのかも知れませんが危ない工法です

二階三階と建て増しする為に柱の鉄筋4本は60センチから70センチ余分に上まで突きだして置いて天井を作ります
そんな危なっかしい家が今でも沢山建ちつつあります

歩いて何所にでも行くのでゆっくりとその辺りを見る事が出来ます


 

2018年08月07日

漁獲物の陸揚げ海岸

マレコン通りという 海岸線に沿った観光道の端っこが
漁船の荷揚場になって居る

外洋のうねりが入って来るので桟橋に船を着けて荷揚げと言うわけには行かない
仕方無くだろうが魚を沖の漁船から受け取りこの砂浜に船首アンカーで船尾を乗り上げて魚を降ろす専用の船が居る

例外なくどの船も船外機でヤマハかスズキの船外機を着けている
それも2サイクルエンジンでもう日本では使用できなくなっている物だ

日本やカナダやアメリカではオイルが海を汚すので法規制で全て4サイクルエンジンになった

僕が写真を撮ったこの日は潮が悪いとか 漁船は休みで漁獲物の陸揚げはほとんど無かった

いつもは魚を運搬するトラックで砂浜が埋まり
海の方も魚を陸揚げする船で埋まる

船の横から魚を入れた箱を出す人 それを肩に乗せて車までほんの20メートルくらい運ぶ人
その箱の魚を狙って急降下するうるさい鳥たちで日頃は大賑わいの海岸だ

突きだした堤防に船首着けで船外機を前進のまま堤防に取り付いているのは沖の漁船に人や物を運ぶ船だ
僕たちが通りかかって船を見ているとタクシーと同じ様に乗らないかと声をかけてくる
僕たちは乗っても沖の漁船へ行く当てもないので断る

しかしエクアドルのこの季節は曇りの日が続きます
どの写真もどの写真も曇り空の写真ばかりです
だから最高気温も26度から28度くらいです 湿度も低く快適な毎日です
日本から猛暑だ猛暑だという便りが来る度に日本の強力な暑さを思い出し
赤道直下のエクアドルがどうしてそんなに涼しいのかと不思議に思います

久しぶりに海の広場を更新しました
エクアドルのことを忘れない内に書いておきます


 

2018年08月06日

カニ

大きいワタリガニに似たカニを4杯ホルヘさんに頂きました
魚の市場にはこのカニを売っていません
なぜだか解りませんがもっと小さくて美味く無さそうなカニばかりです

それ以外にも生きの良いエビを沢山と大きなヒラメも頂きました

ヒラメの刺身は新鮮で日本で食べる刺身と同じでした
こんな新鮮な物を手に入れるのはエクアドルでは無理です
ホルヘさんの長男が漁師をしているので漁から上がって直ぐの物だと思います

メキシコは気温が高いのでもっと酷い物でしたが
ここエクアドルでも捕るには捕ってもその後の保存が全くダメです

日本の漁師さんは漁船の生けすに生かして出荷寸前まで生かしておくか
水氷に入れて0度以下で持って帰ります

メキシコやエクアドルは漁船が出航前に大量の氷を積んで出ないのですから
せっかく漁はあってももったいない話しです

いつももらいすぎで近所の船にも分けてあげます

久しぶりに海の広場を更新しました
エクアドルのことを忘れない内に書いておきます


 

2018年08月05日

新しくヨットが入港

ガラパゴス諸島へ行っていたヨットが上架する為に入ってきた

デビットさんとスーさん夫婦でアメリカのワシントン近郊の都市から来たという

入港の時に見ていたらデビットさんが舵を持っては居たが何となく頼りない感じで
奥さんのスーさんの方がずっと機敏な動きをしていた

ラダーシャフトのシール部分が悪くなりどうしても上架しないと交換できないと言うのでやってきた
もう部品も発注してこちらに送ってもらうようになって居るそうだ

本当はガラパゴス諸島からマルケサスへ行くつもりだったが
それだとソサエティー諸島のタヒチまで修理出来ないので引き返して来たと言う

綺麗に使っているが古い43フィートだあちこち問題が起きてもおかしくないだろう

しかし 入港したその日に全てのシートを外して水洗い
その後デッキもデッキブラシでゴシゴシしながら真水で洗っていた
きれい好きで余裕のカップルだった

船名はフランス語で「カギはいらない」と言う意味だという


 

2018年08月04日

ラバーテンダーを降ろす

8月16日にチリのValparaisoに向けて出港と決めました

他の部分の整備はのんびりゆっくり進めていましたが
いよいよ船底掃除です

メキシコの時もそうでしたが先ずはラバーテンダーで手の届く範囲を先にやります
その後 潜水して残りの部分を掃除します

ここPuerto Luciaでは地中から天然ガスと石油が吹き出ているので岸壁の岩には貝が着いていません
海草類もほんの少ししか伸びていません

テンダーからの掃除でも小さいフジツボが少しついたのと5ミリ程度の海草が着いていただけでした

さて今日からは少しずつ潜って掃除をすることにしましたが
エクアドルには南からの寒流が北上しており海水温は低いのです

このなまった身体でウエットスーツを着ることが出来るかどうかが問題です


 

2018年08月03日

道路を占拠

この学校は運動場が狭いせいか道路を占拠して体操の時間です
道の両側に車が入らないようにスクールゾーンの看板を立てています

何の音楽か解りませんがスピーカーで大音量 男女2人1組でダンスです
女の子も男の子もお尻振り振りの情熱的なダンスです

最後にダンサーがやるように女の子が片手を上げて反り返り男の子の腕に
男の子がそれを抱くように支えます

教える先生達も上手です
きっと小学生の時から習ってきたのでしょう

僕たちが小さい時にドキドキしたフォークダンスどころではありません
相手が変わらないで二人で調子を合わせて長い間ダンスを踊るのです

それって好きな子と当たればよいが嫌いな子とだったらこの授業は苦痛ですね
ずっと二人でくっついたり離れたり手を繋いだり僕たちが見ているかなりな時間ペア-は変わりませんでした

昨日はもっと年上の中学生も高学年か高校生くらいの男女の踊りも見ました
同じ学校の外でやはり道をふさいでやっていました
その子達を教えている男女の教師の踊りはもしかしてプロかと思うくらい上手でした


 

2018年08月02日

木工

Puerto Lucia Yacht Club には良い木工職人が居る
彼の仕事をしょっちゅう見たが たいした腕だ

「花丸」の右隣にあるヨットのチークシアーを1メートルほど入れ替え修理した
最後にウレタンクリヤーを塗ってスタンションを立てるまで見たが全く修理したとは解らない

彼の仕事場はこのダブルチャイン鉄のヨットの下
プレーナーからバンドソーからコンプレッサー全ての木工機械が揃っている

ヨットを一艇造ったことは無いだろうが全ての木工は素晴らしい仕事だった

彼以外に3人ほど研きや塗りや吹きつけをやっている若い人が居る
彼らも丁寧な仕事でおしゃべりもしないで一日中頑張る
吹きつけも別ポットに塗料が入った圧送ガンを使い綺麗な吹きつけだ

それ以外にそれぞれのモーターボートに専属の整備人が4人居る

これほど船の少ない所でこれだけの人数が食べていけるというのは凄いと思う
日本ではおそらくこれだけの船では1人も食べられない

ここに入って来る船はみんな修理が目的で入って来るのかも知れない


 

2018年08月01日

ガラパゴスへ出港

「Cool Change」と言う44フィートアメリカヨットがガラパゴスへ向かって出帆した

僕たちがPuerto Lucia Yacht Clubに到着してからずっとガラパゴス行きの許可が下りるのを待っていた
その間3回ほど明日は出港だという日が有ったが書類の不備や不足があり出港出来なかった

体中入れ墨だらけの二人のアメリカ人と一番手前はコロンビアの若者

みんなひげぼうぼうであごひげまで生やしていた

ロサンゼルスから二人の助っ人が来て5人で行く様だ

あれだけ待たされたのだから船の整備も充分やれただろう
マストに登ったり 落ち止めネットの敗れた部分を補修したり
予備アンカーの錆を落としたり今まで毎日色々なことをしているのを見た

ガラパゴスの後はチリに行くそうだ
それではチリで会おうと名刺を渡しホームページから「花丸」位置情報へ行く方法を教えて置いた

3人とも目の綺麗な若者だった



2014/01 2015/01 2016/01 2017/01 2018/01    
2014/02 2015/02 2016/02 2017/02 2018/02    
2014/03 2015/03 2016/03 2017/03 2018/03    
2014/04 2015/04 2016/04 2017/04 2018/04    
2014/05 2015/05 2016/05 2017/05 2018/05    
2014/06 2015/06 2016/06 2017/06 2018/06    
2014/07 2015/07 2016/07 2017/07 2018/07    
2014/08 2015/08 2016/08 2017/08 2018/08    
2014/09 2015/09 2016/09 2017/09      
2014/10 2015/10 2016/10 2017/10      
2014/11 2015/11 2016/11 2017/11      
2013/12 2014/12 2015/12 2016/12 2017/12      

 

2001/01
2007/01
2008/01
2001/02
2002/02
2007/02
2008/02
2001/03
2002/03
2007/03
2008/03
2001/04
2002/04
2007/04
2008/04
2001/05
2002/05
2007/05
2008/05
2001/06
2002/06
2007/06
2001/07
2002/07
2007/09
2001/08
2002/08
2001/09
2001/10
2001/11
2007/11
2001/12
2006/12
2007/12