日替わり写真

 

2019年09月23日

地中海の強風

船内温度    26.5度
現地時間    07:50
N.  37.09.696
W.   01.11.240
走行距離   102M.   残航   97.7M

風向  E.    風力   4    晴れ
インナージブ1ポイントリーフ メイン1ポイントリーフミズンエンジン1600回転
224度に向かって   5.6knot


朝方04:00をピークに風力5くらいまで吹き上がった

地中海で会う初めての強風だった

瀬戸内海とは違い数時間で島に当たるという様なことはないが
やはり一日中放っておいて安心とは言えない

それに外洋と違い本船も数が多い

メインセールを1ポイントリーフして   ミズンセールを1ポイントリーフしてやれやれと思ったらバサバサという大きい音がし出した

ファーリングしていたライトジェノアの上の方が風をはらんで膨らんでいる
大変な事になると慌ててハーネスもしないでバウに出てジェノアジブセールを降ろしにかかる

3 -  4  メートルの波の中バウスプリット先からマストトップに張っているワイヤーにセールが巻きつき引いても降りてこない 

足がデッキから浮き上がるほどのピッチングの中

これはバウスプリットの先まで行く必要があると判断してコクピットにハーネスを着けに帰る

ハーネスをしていてもバウスプリットの先へ行って巻きついたセールを巻き戻すのは怖かった

ほんの13年前ニュージーランド往復航海の時はマストに登る時でさえハーネスをしようなどとは考えなかったが  やはり握力や体力やバランス感覚の衰えを感じる

無事にジェノアジブを回収してデッキに取り入れバウ舫のクリートに縛り付け一件落着です

もうけっして危険な事はしないと自分に言い聞かせるのでした


2019年09月22日

フェンダー

船内温度   27.8 度
現地時間   08:05
N.  38.20.398
E.  00.21.408
走行距離   105M.   残航   195M
NE. の風   風力3   晴れ
ジェノアジブインナージブメインミズン
203度 方向へ   4.1knot

写真は左舷前から2番目にぶら下げているフェンダー(防舷材)です

Midi運河へ行って水門と水門の間の船だまりでバーストしたものです

多い時は4艇のモーターボートが入りギッシリいっぱいのギュウギュウ詰めになりました

その一艇が花丸だった時に押されて岩の壁と船体に挟まれパンクしました

他のフェンダーも船だまりの石に着いた水垢と苔でドロドロに汚れ
中には表面に巻いた網が切れた物も有ります

スペインに帰ったら大掃除と網修理が必要です

バーストし網もボロボロになった写真のフェンダーは網の中の紫外線避けの布まで破れたので 手持ちの布が有れば和江さんが新しいのを作るそうです

肝心のフェンダーがバーストして裂けた部分はToulusa のマリーナに滞在中に何とか修理出来ました

フェンダーの材質は少し伸び縮みする様なプラスチック製品で穴が開くと修理出来ない物とばかり思っていましたがそうでも有りません



それよりも花丸の水線下で当てた所が気がかりです

バラストを水門の横石に当て
スケグやラダーも数え切れない程木の根っこに当てました

岸に近づくと必ずと行って良いくらい木の根っこにスケグの前が当たり
花丸は前進も後進も出来ず   ゴトゴトと木の根っこを超えていくと言う感じでした

きっとスケグの下の方は残っていないだろうと思っていたのですが
Gruissanまで帰って朝  波がない時に見てみると  スケグは先端まで有る様に見えました

Almerimar まで帰って潜って点検するつもりです


2019年09月21日

ジブ ファーラー

バウスプリットの先にはジブセールが着きます
ヤンキージブとジェノアジブどちらかを選んでセットします

風が弱い時はジェノアジブです
大きくてパワフルなセールです

ちょっと風が強くなると大きすぎるので降ろさないといけません

その上げ下ろしを省略できるのがジブファーラーです

随分以前にTF さんにディンギー用だが使えるだろうと言ってもらったファーラーをジェノアジブセールの上下にセットしている

ヤンキージブにする時はファーラーごと取り外す

そのファーラーでセールを巻きとる時に引く細くて丈夫なラインが擦れて傷む

出航の時に準備した必要な長さより長い2本のファーリングロープ
2本とも傷んだ端から切って使っていたがついに短くなりすぎて使えなくなったZc

それで今度は継ぎ足して使うことにした

袋内ロープのつなぎはやったことがない

仕方がないのでコクピットにリードする側の端でセール糸で縫いつけて繋いだ
ターニングブロックの滑車に通らなくなったので滑車の方を大きいのと取り替えた

今度スペインを出る時には丈夫でスレに強いロープを買ってからにする


2019年09月20日

日付けを間違っていた

船内温度    23度
現地時間   08:00
N.    39.50.969
E.    01.42.155
走行距離  124M.    残航   307M
SWの風   風力  1    曇り
インナージブメインミズンエンジン1600回転
220度方向へ   5.4knot

昨日は日付を間違えて真澄人君に日替わり写真のデーターを送ったので今日は更新が遅れてしまったようです

昨夜は安定した左追っ手の風を受け ファーリングジェノアを展開してフルセールで突っ走りました

時には7ノットを超える走りでした

朝には風が収まり僕がワッチに入った04:00には殆ど無風になったのでヘッドランプを点けてエンジンの始業点検をし 不足したオイルを紙コップに2カップ足しました

そして1600回転で走り始めました

ケロシンバーナーの調子が悪くなりテーブルガスコンロをジンバルにセット  スペインまでケロシンストーブは休憩です

何度も分解掃除するのに炎のストップが完全にはできないのです

と言う事は予熱中にも完全に閉まっていないバーナーから大きい炎が上がります

スペインAlmerimar に帰ってからもう一度掃除をやり直します


2019年09月19日

スペインに向け南下中

船内温度   24.2度

現地時間  07:50
N  41.35.623
E. 03.02.102
走行距離   101M.     残航   428M
NEの風   風力1  曇り
インナージブメインミズンエンジン1600回転
250度方向へ    5.2knot

Gruissan マリーナ近辺9月に入ると強風が続くという

とにかく花丸がMidi運河へ行くためにマストを外した2日間の間 殆ど風は吹かず 運河から帰ってマストを立てる時も セールをセットする時もまるで無風だった

僕達がPort Gruissan に着いてからずっと面倒を見てくれたHeruve さんによるとこんなに風が吹かないのは珍しい  あなた達は非常にラッキーだと言う

イリジュウムのプロディクトウインド天気予報では僕達がMidi運河へ行っている間にもマリーナ前の海が何回か風力5以上の真っ赤な強風海面になっていたのを知っている

天気予報も的中するとは限らないので 早く厄介な海域を脱出すべく出航してからずっと1日目は1600回転で機走しました
超微風の中5ノット前後のスピードで一番強風が吹く海域は抜け出ました

岬を回って今スペインのBarcelona 沖です

やっと少しは安心できる海域に来ました


写真はウインドベーンの取り付け架台です

内側左右にフェンダーを二つ収納し   おまけにMidi運河で拾った黒いフェンダーを横方向にウインドベーンの水中翼前に縛り付けました
気持ちが良いくらいきっちり収まります

スペインではバウからブイを拾ってスターンを岸に着けるのでこのフェンダーもきっと役に立ってくれるでしょう


2019年09月18日

マストを立てる

Port Gruissanのマリーナにあるサービスヤードでマストを立てました

写真の彼らがジブクレーンの運転手2人です

片方が運転しもう一人が操作を指揮します

ぴったり息の合ったコンビで花丸のマストはメインもミズンも難なく立ててくれました

マスト立てそのものは1本40ユーロ2本で80ユーロです
日本でクレーンをチャーターして立てる事を思えば安いものです

作業を始めたのが16:00からと言っていたのが少し遅れ終わったのは17:00くらいでした

メインマストは3本 ミズンマストは4本のワイヤーで支えている状態だったのを
全てのステーを付け終わったのは夕方になっていました

調整は明日にして疲れ果ててシャワーを浴びに行き夕食を済ませて直ぐに寝ることにしました

朝早く起きて出航準備
マリーナ事務所へ行き燃料を20リットル入れ
メンテナンスヤードでマストを立ててセールをセットする為に3泊した料金を払いました

マリーナ事務所を10:00に出航して風が弱いのでエンジン1600回転
インナージブとメインセールとミズンセールを上げ5ノットちょっとで南下しています
夕方にはフランスとスペインの国境近くにさしかかります


2019年09月17日

運河沿いで造船

船内温度  21度 晴れ

Narbonneと言うもう少しで海に出られると言う町を過ぎて少し下った所に有る
古い農家のそばで2艇のヨットを造っていました

大きい方は新艇らしく70フィートくらい有りそうです
シングルプランキングに見えますが木の隙間にホーコンとかを詰めていないようです

ロングキールの古い船型で走りもよくないし乗るのは大変でしょう
しかし 造るのは楽しそうです

こんなに大きい船が運河の水門をくぐれるのですね
多分ここから下の水門は全部きちんと計って通れるサイズなのでしょう

もう一つ後ろに有る小さいヨットは古い船をレストアしているのかも知れません
外板は全てはがしたという感じでしたがフレームやキールはどう見ても新しい木ではありません

他にも石造りの家の庭にレーサーらしい20フィートくらいの船が2艇有りました

よほどヨット好きの人なのでしょう

ニュージーランドへ行ったときどの家も庭でヨットかモーターボートを造っているという感じでしたが
フランスでもそんな人が居るんですね

日本ではほとんど見かけたことがありません

昨日「花丸」はやっと海にたどり着きマストを預けたGruissanマリーナに入りました

やっぱり海は広くて良いです


2019年09月16日

Tredesと言う小さい町

船内温度  18度 曇り

石造りの古い家が並ぶ小さい町が所々にあります

帰りの運河なので大分慣れてきてここなら駐められそうだと解る様になりました

この場所は登りの時にも駐めたのですが駐艇禁止の看板が有る場所でした
一つずらして今度は好きに駐めて良い場所に駐めました

Jhonさんにもらったアルミの杭を岸辺に打って舫を取りました

ここにはレストランに近接した綺麗な古いお墓があります
何百年も経っていると思われるのに綺麗に掃除されています

橋を渡った所に有る小さいスーパーで買い物をしました
昼の12:00から15:30まで閉店でした
ファミリーでやっている小さいスーパーなので昼休みも長いようです


2019年09月15日

動くホテル

船内温度  18度 曇り

長くて巾の狭い古い運河専用の貨物船を改造してホテルにしている船が結構あります

どの船も古いのにピカピカにしています

10人以下ですが大抵はお年寄りのお客のグループ貸し切りのようです

朝はフランスパンのにおいがして 夕方には夕食のよい香りが流れてきます

これが本来の運河の旅の楽しみ方なのでしょう
わざわざ自分のヨットで入って来る様なところではありませんでした

どうしても自分で操船したいなら防舷材とフェンダーで完全に防御したレンタルボートでしょうね

昨夜は写真の船の反対側に花丸を舫ました
丁度花丸を駐めた側にブドウ畑が広がっていました

ちょっと行って味見をして来ました
緑色のブドウでしたが普通僕達が食べているブドウとは大違い
種が多くて実が小さくてパチンコ玉くらいの大きさです

白ワインを作る為のブドウなのでしょう

これが本来のブドウで僕達がお店で買って食べているのはそれ用に品種改良したブドウなのでしょう
赤ワイン用のブドウも見ましたがまるで野ブドウのように小さいものでした


2019年09月14日

Carcasson要塞都市

船内温度  18.7度 晴れ

Carcasonの街から少し離れた所にある要塞都市

昨日会ったJohnさんが是非行ってみなさいと言うので今朝早くタクシーで行ってみた

タクシーは拾おうと思ってもおなかなか難しい
日本の様に車の屋根に何か会社の名前とかを書いた物を乗せている
赤いランプが付いていたらお客さんが乗っている、緑なら空車

なかなか空車が見つからないので観光案内所へ行ってタクシーを呼んでもらった
直ぐ橋を渡った所に有る駅前に空車があるからくるようにと言われた

気持ちの良い若い運転手さんで英語も堪能だった
要塞都市まで行ってお金を7,1ユーロ払い別れ際にありがとうと日本語で言われた

よくもまあこんな城壁で囲まれた都市を造ったものだと思う
日本の城と違い街中が要塞で囲まれている

街中の人が戦闘員だ
弓を射る縦長の穴や石を落とす穴などは日本の城に似ている

そして城全体が掘りで囲まれ入り口の橋を上げたら誰も出入りできない

昔の人が石だけを使いよくぞこれほどのものを造ったと思う

日本と違い殿様が切腹すれば民百姓はおとがめ無しではなく戦闘で負けたら全員奴隷になると言うから
こんな要塞を作り街中の人が戦闘員になったのだろう

要塞の周りを囲んだ城壁も石なら中に有る家々もみんな石で出来ている
今はレストランや土産物屋さんやホテルなど観光客相手の石造りの店が軒を連ねている

出入り口の門は写真の一箇所のみで街に入る車と出る車がしょっちゅう待ち合わせている


2019年09月13日

Carcassonもう一泊

船内温度  19度 曇りのち晴れ

Carcasonの街中にあるゲートを沢山の観光客に見られながら通過してすぐの所
有料駐船の岸が終わって直ぐの場所に花丸を駐めた

僕達が駐めた直ぐ後ろにイギリスのCoronwallから来たというカタマランが泊まっていて
駐船を手伝ってくれた

アルミニュームの軽いL型バーで造った杭を2本地中に打ち付けてこれはあげるからそれに舫を取れと言う

どこから来たのですかと聞くとCornwallからだという
その国は知らないなと言うとイングランドの西にあるという

プリマスという有名な港町のあるコーンウェル半島だそうだ
国旗もあり言葉も違う独立国だという 
イギリスの内情は日本の様に一つにまとまっては居ないグレートブリテンは連合王国なのだ

Johnさんと言う人で8メートルのカタマランで大西洋を2往復したという

ハルとデッキとマストは買ったが内装やエンジンやその他の部品付けなど全部自分でやったそうだ

今日の写真はフランス人のジョークか古い街の商店街 アーケードの代わりに沢山の傘をぶら下げている
1キロ以上もこんな傘のアーケードが続くのでした

海の広場を更新しました
左上の最新の更新ボタンからお入り下さい


2019年09月12日

もう少しでCarcasson

船内温度  18.3度 昨夜から雨です

Carcasonの直ぐ手前のゲートの川上桟橋に泊めました
N 43.14.410
E 02.17.093

朝少し小降りになり降ったり止んだりしていましたが夕方から本格的に降り始めました

コクピットオーニングのミズンマストが立つためにマストから後ろは半分ずつに別れています
その分かれ目から首だけ出して帽子をかぶりティラーを又に挟んで立ったまま操船です

ハードドジャーのアクリル窓が雨で前が見づらくなった為です

もう夏休みも終わり子供が乗っていないレンタルボートが時々走っています

へたくその操船で出来れば一緒にはゲートに入りたくないレンタルボートです

今日のゲートはほとんどゲートキーパーが付いてゲートの操作をするゲートでした

ゲートキーパーにも色々な人が居て凄く丁寧で上手にやってくれる人とか

いい加減で船が入れば舫ったかどうかも確かめずに水を抜き始める人とか
ゲートそのものにも気を使わないといけないのにそれをコントロールする人にも目を光らせないといけない

運河航は体力も神経も使う大仕事です

おまけに底が浅く1.3メートル水深の花丸では岸ならどこでも着けられるというものではありませんでした

ゲート前の桟橋でさえ何度も底がつかえて脱出するのに苦労しました

海の広場を更新しました
左上の最新の更新ボタンからお入り下さい


2019年09月11日

Castelnaudaryの町に停泊

船内温度  17.8度 肌寒い朝です

今日はCastelnaudary と言う町に泊まります
N 43.18.932
E 01.56.945

一日に13の水門をくぐりました
そのくらいだとまあまあゆったり感がありますが来るときは20近くの水門をくぐったので疲れたのです

一日中オーストラリアから来た夫婦のモーターボートと一緒に水門を抜けました
彼らもToulouseで僕達と同じところのバースに駐まっていたそうです
挨拶はしたのですが顔を覚えていませんでした

ここでは疲れたので一泊するだけで又明日は出航します
シャワーもトイレも水も電気も断り 花丸サイズで12.44ユーロ 町のオフィスに支払いました

シャワーやトイレや電気や水はキーを借りてデポジットのお金を払い水の料金を最後に精算すると言います
そんな面倒な事で朝の貴重な出発の時間を取られたくないと思ったのでした

歩いて10分のスーパーマーケットへ行って
フランス人のクリスチャンさんが是非買えと言ったCassouletと言う食べ物の缶詰を2種類買いました

日本に来たら寿司を食べると言うくらいフランスに来たらCassouletを食べよと言われたのでした
本当はToulouseのレストランで食べよと言われたのですがそれを書いたクリスチャンさんからのメールを開くのが遅かった

海の広場を更新しました
左上の最新の更新ボタンからお入り下さい


2019年09月10日

ToulouseでUターン

いよいよUターンしてMidi運河を下り始めました

朝08:00に出発して水門ゲートが閉まる16:00まで走りました
一日に11ゲートを通過しました

今度はゆっくりとデッドスローで周りの景色を眺めながら走ります

写真の様な観光案内に載っている綺麗な風景が続きます

一番綺麗なのはToulouse近郊です
良い所にはナローボートの住人が片側岸全部に船を停泊させています

どう考えても動きそうもない 住居として使っている船がほとんどです

郵便ポストもまとまって有ります
もちろん電気も水道も船まで引いています

若者が集まって大騒ぎしている船もありました 現地の日曜日です

行き交う船も少なくなりゲートを通るレンタルボートは全く姿を消しました

ゲートの番人も仕事がないので1人で5ゲートを受け持っているとかでなかなか来てくれません
自転車でツーリングをしている人に頼んで電話してもらいやっと来てくれたという感じです

明日は ゲート前に花丸を泊めて居るので09:00から出発して最初のゲートに入ります


2019年09月09日

博物館

今朝の気温   18度 

ゆっくり歩いて10分くらいの所に有る植物園です
もう一つの丸い形をした公園とほとんど変わりはないのですがここは犬の散歩と自転車乗り入れ禁止です

所々芝生の上に人が寝転んで昼寝をしています

その中に有料の自然博物館というのがありました

一人7ユーロでしたが見応えがあり全く今までの博物館のようにもったいないとは思いませんでした

Toulouseの様な小さい町にこんな素晴らしい博物館があるとは考えても見ませんでした

一番上は世界のフクロウの剥製 もっと小さいフクロウの種類も沢山居ました

二番目は宝貝等の貝類です 何面もありましたが世界にこんなに沢山の種類の貝があるのかとびっくり
宝貝の中には超貴重な南太平洋の金色に輝く宝貝もありました
僕の知る限りではあの宝貝は1000万円と聞いた事があります

その次は化石 とても大きな見たこともない様なアンモナイトらしい貝の化石

最後は骨格の標本ですが馬に乗った人と馬の骨格です フランスのジョークでしょう
こんなのが延々1時間かかっても見終わらないくらい並んで居ました

しかも 展示が非常に上手で気が効いています
世界中の物を集めています 東海道五十三次の絵もありました

もう一度行きたいなと思いましたが 明日は出航する予定です
今度は川下りです 最初Carcasson までは綺麗なのでゆっくり下るつもりです

海の広場を更新しました
左上にある最新の更新ボタンからお入り下さい
二日続けての更新です


2019年09月08日

古い建物

今朝の気温   18.6度 

Toulousse街中至る所に古い石又はレンガ造りの建物があります

この写真はちょっと中央からは離れた所ですが角に建てられた立派な建物です

街中を外れるとどの建物にも半分地階があります
鉄格子がはまり窓が付いています

物置だと思ったらその窓が開いて中に若者が居て音楽を聴いていた事がありました

日当たりのよい上の階は家賃も高いのでしょうが
半分地下に埋もれた部屋はきっと家賃が安いのでしょう

不動産屋さんの窓に貼りだした売り家の値段はプール付きの一戸建て1億5000万円くらいから
古いアパートの様な家の1DK1000万円くらいでした

こんな田舎の町でちょっと高いのではないかと思う値段です

緑いっぱいで公園が街中にあり 人は親切でのんびりしており住みやすそうな町ではあります

昨日は和江さんが書いた手紙を出すために郵便局を探して街中をウロウロしました
紙の地図を見たのではなかなか場所は探せませんGoogle Mapsでやっとたどり着きました

海の広場を更新しました
左上にある最新の更新ボタンからお入り下さい
二日続けての更新です


2019年09月07日

トゥールーズ マリーナ

今朝の気温   18.7度 

Toulousse街中にある櫛形桟橋のトゥールーズマリーナ

ヨーロッパに来てから櫛形桟橋はお目にかかっていません
ここは潮の満ち干がないので櫛形桟橋ありです

花丸は一番陸側に入りました ここなら他の長い運河ボートの邪魔にはなりません
運河を行く細長い住居に使っている船は桟橋の一番外に泊めます

30メートル近くある船も巾はゲートをくぐれる巾4メートルくらいしか有りません
そして高さも途中にかかっている橋をくぐる為に水面上3メートルほどです
その上に直ぐに倒せるビミニトップを取りつけている船もあります

大抵のプライベートの長い船にはスラスターが付いていて操船はゆっくりで上手な人ばかりです

8月いっぱいそこら中にいたレンタルボートは姿を消しました

レンタルボートにも色々なサイズがありますが大きいのは長さが15メートルくらいもある物もいます
大きい船はバウスラスターとスターンスラスターを備えていますがレンタルボート操船は非常にへたくそな人が多いです

一緒に水門の船溜まりに入った日にはひやひやします
彼らは船体中に防舷材を取付けフェンダーを所狭しとぶら下げた船なのでどこに当たっても何と言うことは無いのですが
花丸はそれらの船に押されたり邪魔されて思うように操船できません

9月になって学校が始まったので家族連れのレンタルボートがぐっと減りました
帰りは楽に帰ることが出来ると思います

9月9日にはToulouseを出てMidi運河を下りPort Gruissenまで帰ります
今度は見所のCarcassonまでゆっくりした旅にしたいと思います

 

海の広場を更新しました
左上にある最新の更新ボタンからお入り下さい
二日続けての更新です


 

2019年09月06日

公園を散歩

今朝の気温   22度 雨

昨日は和江さんを誘って公園を市街地まで歩いて行きました

公園にベンチがあるので休み休みいけます

大きい2連繋ぎのバスが市内をひっきりなしに走っています

結構人が乗っていて 市内交通の要という感じです

船を駐めたToulouseのマリーナから歩いて直ぐに気持ちの良い公園が始まり
市役所がある市の中央まで歩いて10分で行けます

市役所がある近辺は5階から6階建てのブロックで出来た古い建物ばかりです

あちこちに古めかしい彫刻がしてあり一階はテナントで色々なショップが入って居ます

高価そうなブティックや化粧品を売る店や中には古いワインの樽を造る店などの他に
飲食店が多いと思いました

2階から上は貸しアパートのようですが昼間はほとんど人影はなく窓にはカーテンが下がっています

どこの都会とも同じ様に路上生活者が居ます
冬寒くなったらどうするのだろうと思うのですがテントで生活しています

Midi運河にかかる橋の下にもToulouseの橋下にだけは住人を見ました
田舎では食料が手に入らないのかも知れません


2019年09月05日

4段水門

今朝の気温   19 度

段々朝と日中の温度差が激しくなっている
朝は肌寒いなと思うが日中はまだ夏かと思うくらい暑い

写真は4段水門のコントロールタワーです

ビデオカメラとこのタワーの窓からの目視で水門をコントロールしています

多分変な操作をすると自動停止するような設計にはなって居ると思うのですが
安全にそれぞれの船が航行できるように最大限の気を使っています

顔を合わすこともなかったがここの4段ゲートのオペレーターは凄く上手だった

水門の扉に付いた注水口を微妙に調整して船溜まりの中に流れが起きにくい様に気を使っています
ガッと一度に注水する水門の番人も居るのですが
ここの人は4段もある水門を一人で管理していて非常に上手です

4段もの水門をくぐるとやれやれという感じで疲れます
操船に気を使うのとロープを投げるのとそれをビットに巻いてからの調整で一日が終わるという感じです

昨日はTouluseを過ぎて次の水門の前で引き返しました

Toulouse街中の水門は段差が7から8メートルくらい有ります
昔からの水門ではなく平行で一度に入る船は2艇まで
舫綱も投げることが出来ないのでビットそのものが水門内の壁に埋め込んであり水位に合わせて上下します

いくら捜しても街中には止める事が出来そうな所がないのでマリーナに入りました


2019年09月04日

カモ

今朝の気温   19.1度

昨夜はもう一歩でToulouseと言う所まで来ました

一番大きいサイズのレンタルボートでとてもへたくそな操船の船と一緒になったので
ここで彼らを先に行かせることにしたからです

一緒に水門の船溜まりの中に入っていてプロペラを回したりスラスターを使ったりして
舫ロープはただ軽く持っているだけと言うのですからたまりません

水路を走っているときも後ろから見ていると左右にクネクネと航行していて
スピードも速かったり遅かったり見ては居れないという操船です

子供達の夏休みが終わったので一気にレンタルボートの数が減ったという感じですが
これほどへたくそな強引な運転は見たことがなかった

 

Midi運河の両岸には木が植えてあります
長年経って大きくなり過ぎた物や古いのを切り倒して新しく植えた木があります

CarcasonneからToulouseまでの木は特に大きく運河に影を作っています

もう寒くなり始めましたがあの暑くてたまらないときだったら気持ちよかったのでしょうね

昨日だけで100組以上のカモの群れに合いました
写真 真ん中にいるのはカモです ネギは背負っていません

雄は綺麗ですがメスは冴えない色です 多くの動物は人間とは反対です


2019年09月03日

船山に登る

今朝の気温   25度

Carcasonne から Toulouseまでが綺麗だからゆっくり行きなさいと言われていた通り
運河の両側が綺麗な並木に覆われ素晴らしい風景になりました

そして昨日最後に通ったゲートは遂に遡らないで上流から下流へ降りるゲートになりました

水門の左右にある扉は閉めると真っ直ぐになるのではなく

く の字に折れ曲がって閉まります
くの字の先が尖っている方から水圧がかかるとより強く閉まることになります

今までの水門はくの字の右側から左側に通り抜けていましたが
最後に抜けた水門はくの字の左側から右側へ通り抜ける水門でした

この記念すべき運河で一番水位が高いところにある水門には門番が居なく
和江さんがボタンを押しに行きました

2つ有る黄色いボタンに矢印がありどちらの方向へ行きたいのか直ぐ解ります
行きたい方向の矢印を押すと先ず水門の扉底に付いている4つの水を取り入れる窓が開きます
舟だまりのプールが満水になったら自動的に水門が開き船を迎え入れます

船が入り終わったら今度は一つだけある青いボタンを押します
(もう一つ大きくて赤い緊急停止ボタンもあります)

河下の水門扉の底にある4つの放水口から水を抜いて水位を下げます
河下の水位と船溜まりの水位が同じになったら自動で川下の水門が開き船は出て行きます

運河の頂点がある川には常に水が供給されているはずですがどこから水を引き込んでいるのか解りませんでした

ここまで来ると変な気分で
道路も鉄道も畑も森も山でさえも花丸よりも下に見えるのです


2019年09月02日

水門

今朝の気温   25度

一日に20近くの水門を抜けて上流に遡っています

昨日は同行の船が小さい川船(日本の川船と同じくらいのサイズで平底笹舟)だったのでやりやすかった

どの水門にも管理人が居て彼らがゲートを開け閉めする

左右に開く門扉は閉めると川上に向かってへの字型に閉まり水圧がかかっても開かない様な構造です

各水門の扉には左右それぞれ2つずつの引き上げ扉があり
その扉を4個の電動モーターで開け閉めして水を船たまりに送り込んだり
満水になった船たまりの水を排水したりして水面を河下の水面と同じ高さにしたりします

水門の構造も 船たまりの構造も どの水門も全く同じ形に出来て居ます

船たまりは入り口 出口が巾7メートルくらいで ゲートからゲートまで長さ30メートルくらい有ります
船たまり中央のふくらみは巾15メートルくらいです
形は丁度船外機のタンクからエンジンに燃料を送る手でシュポシュポするゴムのポンプに似ています

ぎっしり詰めて12メートルくらいのモーターボートが4艇入ります

この水門を延々とイギリス側の大西洋から地中海まで16世紀に作って物流の大動脈としたと言うのですから
その土木技術や人間の力は大した物です
現在の重機を使ってもとんでもない年月を必要とする大工事だと思います

今は物を運んでは居ませんがその昔の古い船を観光船に使っていたりします

でもほとんどのMidi運河を行く船はレンタルボートで
防舷材をこれでもかと言うくらい付けた上にフェンダーを沢山ぶら下げた不格好なモーターボートです

昨夜は4段連なる水門の手前でギブアップして駐まりました
水門を抜けていくのは重労働で一日に20箇所も抜けるとクタクタに疲れます


2019年09月01日

Carcasonneの町を抜ける

今朝の気温   22.2度

運河入り口からCarcasonneまでは見るところもないから早く抜けた方がよいと言われ
毎日とにかく行けるところまでと言う感じでやってきました

いよいよ今日からはゆっくりと周りの景色を楽しみながら進もうと思います

一日に20近くの水門を抜け昨日は疲れ果てたという感じになりました

水門を抜けるのは舫綱を結んだり引いたり緩めたり大変な重労働です

そんな水門が多いところで4つ一度に重なって居たりします

でもおかげでヨットが山の上を走ると言う体験をしています

「船頭多くして船山に登る」と言いますが
船頭は一人でも水門を多く通過して船が山に押し上げられています

どんどん山に登って地球の水平線よりも高い所を船が走ると言うのは変な感じです

いつも水平線が 0 メートルと思っているのは間違いでした

船よりも下に畑や森が広がっています
山でさえも自分たちより低い所にあるのです

さあ今からToulouseまでどんな綺麗な景色が広がるのか楽しみです



2014/01 2015/01 2016/01 2017/01 2018/01 2019/01  
2014/02 2015/02 2016/02 2017/02 2018/02 2019/02  
2014/03 2015/03 2016/03 2017/03 2018/03 2019/03  
2014/04 2015/04 2016/04 2017/04 2018/04 2019/04  
2014/05 2015/05 2016/05 2017/05 2018/05 2019/05  
2014/06 2015/06 2016/06 2017/06 2018/06 2019/06  
2014/07 2015/07 2016/07 2017/07 2018/07 2019/07  
2014/08 2015/08 2016/08 2017/08 2018/08 2019/08  
2014/09 2015/09 2016/09 2017/09 2018/09 2019/09  
2014/10 2015/10 2016/10 2017/10 2018/10    
2014/11 2015/11 2016/11 2017/11 2018/11    
2013/12 2014/12 2015/12 2016/12 2017/12 2018/12    

 

2001/01
2007/01
2008/01
2001/02
2002/02
2007/02
2008/02
2001/03
2002/03
2007/03
2008/03
2001/04
2002/04
2007/04
2008/04
2001/05
2002/05
2007/05
2008/05
2001/06
2002/06
2007/06
2001/07
2002/07
2007/09
2001/08
2002/08
2001/09
2001/10
2001/11
2007/11
2001/12
2006/12
2007/12